FC2ブログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺にする?僕にする?2 ~出張先で究極の選択!?~ 感想です。 感想は↓の作品紹介の下からスタートです。

俺にする?僕にする?第二弾_JK島津弘暁(CV:津田健次郎)
立花雅也(CV:森田成一)


【発売日】2013年7月26日
【価格】2,100円(税込)
【ブランド】サイネリア
【シナリオ】七原みさ
【イラスト】とじょさか
【あらすじ】
自信家で俺様な営業部のホープ島津と優しげな見かけによらず辛辣で厳しい立花、社内でも優秀な二人を教育係にもつあなた。出張先での天候トラブルにより、同じ部屋で一晩を過ごすことになった3人は誰がどのベッドで寝るのか頭を悩ませることになった。ダブルベッドでどちらと寝たい?と迫る二人にあなたが選ぶのは.....?(公式より抜粋)

トラックリスト見ても第1弾と殆ど同じ進行だったのですっかり油断してたんですが、Track02に一瞬だけアクシデントが起きてビックリしましたw 第1弾の時は個別パートに入る前はそんなんなかったんで(//▽//)それと、各々の1つ目の個別パート(Track04と05)の冒頭に、男2人のやりとりが入っていて、それも前回と違って新鮮でした♪ よく確認したら第1弾とシナリオ別の方なんですね~なんか雰囲気違ってこっちもかなり面白かったです!


弘暁は公式設定では「横柄で俺様」だそうですが、はっきり言って豪快なオッサンですね(笑)年齢設定が25歳だって知ってビックリしました。どう若く見積もっても35歳だろ?!ってくらい言動がオッサンなんだものw けどそれがまた安心感があってイイんだ!☆Σd(≧▽≦) なのに肝心なところはしっかりドキドキさせてくれるんですよ!ちょっと強引な感じが実にイイ! そして彼になってからは可愛い処もあって...♪つんちょの強気キャラ、すごく良かったです(⌒▽⌒)


雅也は公式設定では腹黒になってますが、腹黒というよりカタブツで融通が利かない神経質な人って感じでしたw 前半は人の行動にクドクド説教してばっかでウザい!って思ってたんですが、アメとムチ効果?っていうんですか?厳しい事言われた直後にほんのチョット優しくされただけで、すっごい嬉しくなっちゃって!あ~相手の思うツボってくやしい~☆((o(≧д≦)o))☆
でも森田さんがあんな美人キャラができるなんてびっくりでしたo(・∀・)o 今まで森田さんといえばティーダや一護みたいな元気少年しか知らなかったもので...。キレイめな声も出るんですねぇ~(〃д〃) ティーダと出会ってから12年、初めて森田さんに色気をちょっとだけ感じました(笑)



この先もう少し詳しく紹介してます。ネタばれご注意ください。



【Track01】出張先でハプニング
仕事の出張先から帰るため空港に着いた3人ですが、台風接近のため便が全て欠航になり、大雨の中慌てて宿を探すも空港周辺の宿はどこも満室状態。ようやく見つけた宿もシングルは取れず、やむなくダブル1室にエキストラベッドで、ようやく3人は今夜の寝床を確保します。



【Track02】順番にお風呂
まずびしょ濡れの弘暁からお風呂に入る事になって。雅也が本人のいないところで弘暁の人物像を聞かせてくれます。以前の部署で彼女の教育係だった雅也は、弘暁の事を仕事面では認めているようで、彼の下につく事で色んな事を学べるはずだと推してくれます。でも、冷えた体を気遣って暖かいお茶を淹れてくれた彼女に、雅也は「君の淹れてくれるお茶が恋しい」と少しだけ本音を洩らします。


「ぅおーい、出たぞぉ~!」


まるでオッサンのような声とともに弘暁が風呂からあがってきてw 浴衣を着崩しているようで、「彼女が目のやり場に困っているだろう!」と雅也に小言を言われます。


「ちがうよなぁ~?俺の肉体美にホレちゃったんだよなぁ~?」

「こういう時は冗談でもいいから『イヤ~ン!島津センパイ素敵ですぅ~♪』とか言っとけばいいんだよ、常識だろう」



女口調が可愛くて思わず吹き出しましたw
そして彼女の後、ラストに雅也が風呂へと消えていくと。弘暁は部屋の冷蔵庫から酒を手に取り、無理矢理彼女も付き合わせます^^; 一気に飲んでテンションの高くなった弘暁はもっと飲めと勧めてきますが、彼女はあまり乗り気ではないようで。


「自分から飲まないなら、俺が口移しで飲ませてやろうか?」


ったく、酒の入ったオッサンはコレだから...


「.....もう遅せぇよ」


え。
.....えええええ~っ!!Σ(=∀=ノノ  くちうつしされたっ!まだ個別パートじゃないのに? 真っ赤になってる彼女を尻目に、仕掛けた本人は...


「ふふふふ....酔ってねぇって!ハハハハハハ」


酔ってました(-"-;)



【Track03】どっちと寝る?
早く寝ようと思ってたのに、酔っ払い弘暁に手間取って遅くなってしまった事にイラつく雅也。ようやく眠る準備が出来たものの...ここにはダブルベッドが1つに、エキストラベッドが1つ。どちらが彼女とダブルベッドで寝るのかモメはじめますw



【Track04】言いたくて言えなかったこと(弘暁/R)
自分が想像もしなかった豪快な方法で、弘暁が同衾の座を勝ち取りました(笑) 雅也はひとりエキストラベッドで眠りにつき、これで邪魔者はいなくなったと彼女と横になろうとする弘暁。

戸惑う彼女に「俺が主張先で後輩を襲うような先輩だと思うか?」と自信満々に訊ねる弘暁。(さっきあんなことしといてどの口が....と思いますが)どうにか彼女も布団に収まると、彼が大きな手で頭をなでてくれますw いつも褒める時は頭をなでるけれど、今はただ俺が触れたかったんだと告白してくれて。 すると照れた彼女は反転して弘暁に背を向けてしまいます(= ̄∇ ̄=)  背中の向こう、自分のうなじの辺りから低く響く声に、なんともいえないムズムズした感じが沸きあがってきます~!


「俺の事イヤじゃなかったら、こっち向いてくれないか。...お願いだ」


そして、初めて出会った頃に雅也にしごかれて泣いていたこと、励ましたくても声をかける勇気が出なかったこと、部署移動で自分の部下になると知って嬉しかったことなどを優しい口調で語ってくれて。


「ずっとお前の事が好きだった。.....最悪だよな、好きでもない男と一緒のベッドで寝ることになって、こんな逃げられない状況で.....告白までされて」


言うだけ言って今のは忘れてくれと言う弘暁に、彼女が振り返ろうとすると


「やめとけ。今振り向かれたらキスするかもしれない.....いや、すると思う」


それでも彼女は振り向いて、彼に好きだと告げたようで。もうその後は抑えていた想いをぶつけるかのように、何度も何度もキスされますヾ( 〃∇〃)ツ  

すっかりいつもの調子を取り戻した弘暁。二人の時は名前で呼んでくれと頼まれた彼女が彼の名前を呼ぶと、「...ダメだ、嬉しいっ...!」と悶え気味に喜ぶ雅也。その様子がとてもカワイイですっ((o(≧▽≦)o)) 



【Track05】上司のままではいられない(雅也/L)
弘暁が、さっき雅也が風呂に入っている間に彼女にした事をばらしたものだから一騒動あって。盛大に怒られて弘暁はスゴスゴと一人眠りにつきますw なので空いているのはダブルベッド一つのみで、さも不可抗力だという感じで一緒に寝るしかないと言う雅也。弘暁にエキストラベッドへ行くよう指示したのは自分なのに何を言ってんでしょーね、このヒトは(笑)

弘暁の酒癖の悪さを彼女に謝る雅也。当の弘暁は速攻で爆睡し、すでにイビキまでかいてますw 弘暁の酒癖を知っていながら止められなかった自分に非があると謝る一方で


「でも、君も君だ。最悪声を上げて僕に助けを求めることもできたはずだろう?
...『すみません、すみません』って、まったく一体君は何回謝れば気が済むんだ」


彼女の対応の悪さを非難する雅也。頭ごなしに説教喰らうとすげぇムッとするんですが(笑)


「.....? もしかして、泣いているのか?」


聴き手の自分と違い、大人しくて気の弱い彼女は雅也の厳しい言葉に泣き出してしまいますw 


「やっぱり.....また泣かせてしまったね。僕は君を泣かせてばかりだ」


仕事が丁寧でよく気がつく君だからこそ、成長して欲しくて厳しくしていたと。それに対し彼女は、自分は嫌われていたから部署も移動になったんだと思っていたようで。


「僕が君の事を嫌う?そんなはずがない。むしろその逆だ.....好きだった。」


もし自分に部署移動の権限があったとしたら、君を手放すはずはないと言って、(たぶん今度は嬉し泣きで)未だ泣きやまない彼女に優しくキスをして。


「あまり.....声を洩らすなよ」


そういって何度もキスをされて、切なそうに「好きだ...」と囁かれます!(///▽///) 途中、「あまり声を出すな、弘暁が起きる」と窘められましたけど、あの.....ちゅーだけでそんなに声って洩れるものデスカ?他になんかやってます?(笑)


「君はさっき、弘暁に口移しをされた時も...そんな顔をしていたのか。.....妬けるな」


淡々としてますが、静かに嫉妬してますよっ♪ あ~もう!ムカつくやつであればあるほど、こうなった時の破壊力ってハンパない~~~っ((o(≧▽≦)o))


この後、ちょっと意地悪なことを言われて布団にくるまって出てこなくなった彼女w しびれを切らした雅也は耳を舐めるという強硬手段にうって出ます(((#@■@#)) その先を示唆するような事まで囁かれて、とうとう降参した彼女が布団から顔を出します( ̄▽ ̄)




【Track06】川の字でおやすみ
第1弾と同じく寝息&吐息トラック。 両側からそれぞれの寝息&吐息が聴こえるだけのトラックです。他サイトでドキドキします!ってレビュー見かけましたが、人の寝返りだけで目を醒ましてしまう私にとっては、うるさくて仕方ありません(笑)



【Track07】夢じゃない(弘暁/R)
彼に起こされるのですが、起きないとキスすると脅かされて慌てて起きる彼女w そして昨日の事を確認するために質問をされるのですが、テレながらモゴモゴと質問する弘暁がめっさカワイイ(≧▽≦)ノ☆ かわいいとか言うなwって弘暁が言ってましたが、「おはようのチューだ」って!ちゅーってあんたwカワイイにも程があるだろ!って感じですΣd(≧▽≦*) 

今まで仕事一筋で来たけれど、この恋愛が新たな活力になりそうだという弘暁。同じ部署で働ける幸せを素直に喜んでいました♪




【Track08】キミの嫌がる顔も好き(雅也/L)
こっちも彼に起こされるのですが、朝っぱらからイジワルですw 「僕は君の嫌がる顔も好きだから」とかSっ気ふりまいてます。それに対して彼女がヘンタイと言ったらしくて(もっともです)、今度同じことを言ったらどうなるか覚悟しておくように、と嬉しそうに反撃されます。彼女が自分の一言で色んな表情を見せてくれることが嬉しいという雅也。違う部署だけれ、どいつでも頼るようにと言ってくれます。




【Track09】スペシャル(キャストトーク)
今回は二人揃っての収録だったんですね~。キャストトークは二人で和やかにおしゃべり♪ このテの囁きCDを二人で録るのは初めてで、ヘンな緊張感があると苦笑いする二人(笑) そのせいか名乗るのも忘れ、挙句の果てに噛みまくるつんちょがおかしいです(≧▽≦)ノ☆ 

友情と恋愛どっちを取るかの設問に、森田さんは学生時代友人に取られた経験がトラウマになっているそうでw自分は恋愛を取る!と断言してました^^ 対する津田さんは津田さんらしいというか、選べないからこのままでもうちょっと、とかユルい事を言ってました(笑)

旅行の話になって森田さんは仕事で香港に行った時に起こったアクシデントを、津田さんは学生時代に貧乏だったので歩きで旅に出て野犬に喰われそうになったとか話してました。




【Track10】おまけトラック
どちらも選べなかったバージョンです。二人の取り合いが始まって、結局は3人で眠ることに。そしてなぜか「実はこうなることを期待してたんだろ!」と決めつけられて、お望みどおり?二人からアピールされますw 両耳同時って逃げ場なくてどうしていいかわかんないですねぇ~(*ノ▽ノ)キャッ




第1弾で気になっていたトラック構成は相変わらずです。【Track06】で一旦リセットかかる感じなのでしょうが、やっぱり弘暁→雅也→弘暁→雅也の流れだと浸りきれませんよね^^; 同じく前回気になっていた彼女の台詞部分の空白なんですが、以前と変わらず反芻はしてくれないものの、空白時間が若干短くなって流れが良くなった様な気がします。以前より彼女の言葉を想像し易いシナリオ運びだったのかもしれませんね。


先にも書きましたが森田さんとはティーダ以来のお付き合いでw まさに自分が声にハマるきっかけだったキャラなので、ティーダの印象がとても強いんです。なのでなんかテレてしまって....(〃ノωノ〃) 今回の森田さんはあの一護節っていいますか、独特な口調が大分抑えられていて、かなりスマートな印象でした。口うるさくてキライなタイプのキャラでしたが、デレた時の破壊力は凄まじい....!今回もまんまとギャップ萌えにハマってしまいました(笑)


つんちょは豪快で面白くてイイ味出してましたね~! そしていつも思うんですが、照れる部分が素のつんちょに聴こえるくらいナチュラルにテレてるので、やはり聴いてるこっちもハズカシー(*ノ▽ノ)キャッ でもなんだかあったかくて安心する演技でとっても良かったですΣd(≧▽≦*) でもつんちょは以前見た実写ドラマの、あのヘンタイ役が一番似合うと思うのは私だけでしょうか(笑)


第1弾とキャラのタイプもライターさんも違って、異なる雰囲気が楽しめてよかったです♪ごちそうさまでした(*^▽^*)


同じタグのページ
俺にする?僕にする?~おやすみ中に究極の選択!?~ 感想
俺にする?僕にする?3~体育倉庫で究極の選択!?~ 感想




俺にする?僕にする?2~出張先で究極の選択!?~ [おれぼくシリーズ]
津田健次郎 森田成一
Cineria 販売:密林社 (2013-07-16)
売り上げランキング: 1,600

関連記事



最新記事

スプレファク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。