FC2ブログ


あなたを密室で取り調べCD 第1弾 ~刑事課 河西恵介 編~ 感想です。 感想は↓の作品紹介の下からスタートです。


あなたを密室で取り調べCD 第1弾JK河西恵介(CV:津田健次郎)

【発売日】2012年12月26日
【価格】2,100円(税込)
【ブランド】EM2 Record
【企画・原案】えむぞう(EM2 Record)
【プロデュース】ヘッジホッグ
【シナリオ】針山麻碓
【イラスト】おかざきおか


【あらすじ】
あなたは新米の捜査官。勉強の為に…と、犯人役に志願し、ひとクセも、ふた クセもある先輩捜査官たちから密室の取調室で背徳の尋問を受けることに…。 注目の第1弾は、キャリア組のクールなエリート先輩刑事。逃げられない密室で、あなたをドS台詞満載で取調べします。 (EM2 RECORD OFFICIAL BLOGより)



こんな公私混同で職権乱用な警察があったらそりゃ困る、ってくらいイロイロ笑える設定ですが、こういうCDにはリアルさは求めないのでOK! 現実では体験し得ないフィクションなシチュを楽しく再現しているこのCD、自分はすっごく楽しかったです!

つんちょ、昨夜のキミは...とても悦かったよ(違)

俳優さんでもある津田さんは、舞台とか役柄によってはものすごく抑揚のある感情的な演技をされる方なのですが、今回みたいにクールなキャラはどうかな~と思ってたんですが。

ナチュラルな語り口がこのシナリオにぴったりで、完全に心奪われてしまいましたっ(//▽//)


キャラデザがすごく若い感じなのですが、知性的な台詞と津田さんの落ち着いたクールボイスで、絵から受ける印象よりだいぶ大人なイメージです。タイプは踊る刑事ドラマの某管理官が近いかな。でも、ゆったりと静かなつんちょボイスで、室井さんよりしっとりした感じです。

でも、アオリにあるようなドSではなかったです。冷たいSではなく、彼女の初心な反応が可愛くて虐めるという、大人の男の嗜虐心なので.....ドSというより意地悪な人ですね。私にとってはそのほうが嬉しいので良かったですが♪


最初は彼女が被疑者役、彼が取調官役で模擬聴取開始です。実際の聴取でも使われるテクニックを論理だてて説明してくれます。

クールで淡々とした口調なので、思わず突っ伏したくなるドキドキな台詞は期待できないかな?と思ったのに。

思いっきり直球でセクシャルな台詞の連発でしたヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪

理知的で物事に動じない性格のため、工口いことも平気でポンポン言います。


「黙っていると.....
私が直接君の唇に、真実を訊きにいくぞ.....いいか」

「黙秘は.....否定とみなされない」



字面見ると良く判りますが、この台詞かなりクサいんですよね。これをもっと抑揚のある演技をされる方が喋るとホントにクサくなると思うんですが、津田さんの淡々とした口調だと、割とナチュラルに聴こえて、すごくイイ!


「真実を訊き出す場所は、口だけじゃない。
例えば.....君の体の、もっと正直なところに....」



うっひょ~((o(≧▽≦)o))
小さく掠れた声が堪らんです! 私は大喜びですが主人公ちゃんはビビって泣き出しちゃいますw それを見た彼が慌てて謝り倒してるのがものすごく可愛らしい~!




今度は彼が被疑者、彼女が取調官にチェンジして彼を取り調べることに。供述を引き出すために、相手の呼吸のリズムに合わせると親近感が湧くという話で、


「例えば、どんな時に
呼吸の一致が見られるか.....知ってるか?」

「.....セッ○スの時だ」



ふっと耳元に口を寄せ、急にセクシーさを帯びる河西の声音にもう完全にやられました.....!(〃ノωノ〃)
(つんちょはフツーに↑この単語そのものを言ってますが、どうにも自分は耐えきれなくて.....伏せちゃいました//)



プライベートタイムに、彼の家へお邪魔した主人公。彼にしてみれば、大人同士で付き合っていて、その相手が自分の家に来たわけですから、当然そっち方向へ誘導していくわけでw でもいいかと尋ねられても、素直に頷く事ができない彼女のために、ここでも自白を引き出すテクニックのお勉強(*^^*)

要するに簡単な質問にずっと「うん」「うん」と答えていると、いざその質問が出てきた時も思わず「うん」と言ってしまうっていうアレですね。それを利用されて言質を取られてしまいます(笑) 次いで追い打ちをかけるような二つ目のテクニックも行使されてw確約してしまいます(*^▽^*) 

彼女も「ずるい」と言ったらしいですが、河西の話術スキルは本当に見事なもので、あっという間に望む答えを導き出します。それを聴いてるだけでも楽しいです!


次は「カツ丼のお時間」。
とにかく抜け目がなくて話術に長けた河西には、彼女も全く勝てません。聴いてるこっちも驚くほどいつの間にか彼に主導権を握られていて、彼女の楽しみにしていたカツ丼のお時間も、結局は彼のいいようにされてますw この感想冒頭で「Sではない」とは言ったものの、これだけ見事にイニシアチブを取られていると、聴き手の自分も悔しくなるくらいです。そういう意味では本当にドSかも。


本編最終トラックはピロートークです。甘いです!つんちょが可哀想になるほど甘い台詞ばっかりです(笑) 次に入っているキャストトークで本人も「照れます。これに尽きると思います」って言ってましたから、甘い台詞に相当やられたようです( ̄▽ ̄) 短いですが、ちょっとグダついた感じの自然なトークが聴けて楽しかったです。


すごく冷たいドSを楽しみたい方にはどうかな、って思いますが、私はシナリオも面白くて、色っぽいつんちょに大満足のCDでした!



同じタグのページ
・「あなたを密室で取り調べCD 第3弾 ~鑑識課 凪本秋久編~」
・「あなたを密室で取り調べCD 第4弾 ~組織犯罪対策課 戸塚駿 編~」
・「あなたを密室で取り調べCD 第5弾 ~公安課 橘優一朗編~」
・「あなたを密室で取り調べCD 第6弾 ~サイバー犯罪対策課 北山楓編~」
・「あなたを密室で取り調べCD Special file ~戸塚駿 橘優一朗 北山楓 編~」
・「あなたを密室で取り調べCD Special file ~河西恵介 埜上浩太 凪本秋久 編~」

※第2弾の埜上浩太編、UPの時期を逸しましたw そのうちUPしますね~^^;


by カエレバ

関連記事



最新記事

スプレファク