FC2ブログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うたの☆プリンスさまっAllStar月宮林檎 感想です。
感想は↓の紹介文の下からスタートです。

うたのプリンスさまっAll Star_林檎
月宮林檎(CV:中村悠一)

年齢 25歳
身長 173cm
体重 56kg
血液型 AB型
誕生日 9月15日
星座 おとめ座
得意楽器 クラリネット


早乙女学園Aクラスの担任教師にして、現役アイドル。もともとはおとなしく弱気な性格の男の子だったが、早乙女にスカウトされてから一変、現在は「女装アイドル」として活躍している。 ちょっぴりわがままな一面をのぞかせる時もあるが憎めない性格で男女問わず、人気がある。

普通にネタバレしてます。ご注意下さい。

ギャップ萌え至上主義の私にとって、林檎ちゃんほどその欲求を満たしてくれる存在は他にいない!
SweetSerenadeは神棚に飾る勢いで宝物と化してます。そしてこのAllStarも仲間入り決定です。


林檎ちゃんに至っては、SS以上のギャップ萌えはもうないだろうと思いつつも、ちょっと期待しながらプレイしたんですが.....のっけから全開でしたw ゆーきゃんの実力を試すかのような、オンオフ連続切替の台詞が大量にw 
突然切り替わるとハルちゃんじゃないけど「うひゃっ」って声が出てまう~(*^▽^*)



林檎ちゃんは、自分がハルちゃんを甘やかしたという負い目を感じています。それもあって、ハルちゃんの進退がかかった歌謡祭の話が決まると、何が何でも優勝を!と気負うんですね。

そんな時に番組で共演した宿敵・星影セイラに「あんたは所詮、女装で売ってる芸人」と喧嘩をふっかけられ、売り言葉に買い言葉で、歌謡祭に男性の姿で出演する!と宣言しちゃいますw(その直後、楽屋で自分のバカさ加減を呪う林檎ちゃんがかわいい)


そしてどんな路線でいくか決めようという事になって。その時に、林檎ちゃんがお遊びでやったカミュのモノマネ、低くてイイ声で、カミュ本人よりカッコ良かったですよ(*≧m≦)ププッ 
そのあと男の月宮林檎の方向性を決める「ツンデレ」「男らしく」「爽やか」の3択が出るんですが、それぞれ選ぶとそのバージョンでの台詞が聴けて楽しかったです♪



カミュ・藍も交えたチームの打ち合わせで、男の姿で司会の練習を披露する事になった林檎。けれど、どうしても言葉が出て来ない。思うように話せない。
「本当の俺は.....どんな話し方をするんだろう.....」
と愕然とします。


もともと気弱な男の子で、女装して違う自分になることで自信をつけてきた林檎ちゃんは、ハルちゃんの前でだけは男の自分に戻れるのですが、大勢の前でやろうと意識してしまうと、やはり無理なようで。

世間では林檎ちゃんの宣言に否定的な意見ばかりが目立ち、それも林檎ちゃんに重くのしかかります。


ハルちゃんが、ネット上の林檎ちゃんへの批判を見て気落ちしている時に、さりげなく気遣ってくれるAクラスメンバーがやさしいです(*^_^*) その励ましもあってハルちゃんは、出来る限り林檎ちゃんの傍についていようと決心します。

負担にならないよう、様々な理由を付けては林檎ちゃんの現場に足を運ぶハルちゃんを見て、林檎ちゃんもその存在を心の拠り所にしていきます。こういう絆っていいですよね。羨ましくなります。

うたのプリンスさまっAll Star林檎EV

番宣と自分が慣れるための両方の理由で、男の姿での仕事が増えた林檎ちゃんに、ドラマで主役の姉の恋人役が振られるんですが、その恋人が星影セイラというキャスティングで。
一瞬うへぇ~って思いましたが、使えそうだと判ると各局こぞってネタを使うっていう話の流れが、現実の業界そのままのリアルさがあって妙に納得してみたり。(その林檎ちゃんとセイラのドラマですが、ワンシーンだけ入ってて、かなりカッコイイ林檎ちゃんボイスが聴けます♪)



龍也チームが、イケメンヒットメーカー集団「作曲のプリンスさま」に曲を依頼した話を聞き、龍也にくってかかる林檎ちゃん。

それを聞きつけたAクラスメンバーが、手伝いを申し出てくれて参加する事になって。こちらのチームも歌謡祭に向けて着実に前進していきます。



でも、自分の行先が見えなくて自信を失った林檎ちゃんは、敵チームの大物アーティストの楽曲提供という追い討ちに、更に不安定になって。


(悪気はないけど)結果的にハルちゃんまでもが、男の月宮林檎を否定するような事を言ってしまい.....追いつめられた林檎ちゃんは、ハルちゃんを押し倒してしまう。

泣きそうな声で、無理なんてしていない、自分は男なんだと、ハルちゃんの服に手をかける林檎ちゃんを見て、すっごくときめいた自分は心底クズだと感じました(笑) 切なそうに求められるシチュにめっぽう弱いのです(// ̄▽ ̄//)



そのまま靴も履かずに飛び出して、龍也に偶然見つかって、はだけた胸元を見た龍也が心配をする ----。別の乙女ゲーなら間違いなくそこからは龍也√でしょ!って展開があったりw そのハルちゃんを見ただけで理由が解ってしまう龍也ってすご...とか思うけど、このあたりのベタな展開が大好きなんですよね。


龍也ルートでは林檎ちゃんがハッパをかける役で、二人の友情がすごく素敵に描かれてたんですが、このルートはセイラさんてライバルがいるから余り龍也の出番なくてちょっと寂しかったなぁ。靴も履かずに飛び出してきた処で、後を追ってきた林檎に「俺が貰っちまうぞ」くらいの喝入れシーンがあっても良かったのにw 
とはいえセイラさんもすごくいい仕事してましたよね!ブレないヒールって大好きです^^ ドラマのシーンでは私がセイラになりたかっ.....ゲフン。


問題の司会シーンはどんな感じで来るのかなーって思ってましたが、先に挙がってた3択(+カミュモノマネ)のどれとも違ってすごくいい感じでした。この演じ分けってホントすごい。今までゆーきゃんに「爽やかな男の子」なんて絶対似合わないと思い込んでたけど、とっても感じ良くて感動すら覚えました。それにここのスチルの林檎ちゃんがすごく楽しそうで(^▽^) いいスチルでした。


曲がものすごく好きだって言うのもありますが、Aチームの出番が来て舞台裏の様子を経て「月明かりのDEAREST」に入る辺りの流れは、本作品中一番すっきりした気分で迎えられて、自分が求めるうたプリっぽさそのままで嬉しくなっちゃいました(*^▽^*)



恋愛ENDは、そのミュージカル見たいっ!と切実に思いましたw それから龍也が讃辞を伝えに来てくれた時に、ハルちゃんにだけ良かったなって言ってくれて、林檎ちゃんには何もなくてw
ぶーたれる林檎ちゃんに「お前には何もねぇよ」って言った龍也がすごくイイ! お前ならできて当たり前だって、信じてたっていう感じがその一言にすごく出てて、しっかり友情が描かれてる事が嬉しかったです。

林檎ちゃんの部屋で。「もう絶対に君の嫌がる事はしないよ」と約束した上で、プリンセスの衣装着せて体の各所にキスの雨を降らせて、ハルちゃんが夢見心地になったところで


「欲しいなら欲しいって言わなきゃ。
-----キスして欲しい?」



なんて誘導尋問はズルイんではないでしょうか(笑) 嫌がる事はしない代わりに、求めずにはいられないよう仕向けるなんて.....林檎ちゃんたら、策士♪(*ノ▽ノ)キャッ




後輩ENDは、優勝が決まって帰って来た舞台裏で全員でダメ出し大会w やっぱりこういうワイワイしたのがいいよね♪それからセイラさんとの天敵コンビで番組をすることになって、皆で大騒ぎしてたり。恋人同士からのスタートなんで軽くスキンシップ程度の描写はありましたが、後輩ENDらしく、後輩皆に囲まれて楽しそうな林檎ちゃんが描かれてました。



友情ENDは龍也が讃辞を贈ってくれるんですが、あっさりすぎて林檎ちゃんに文句を言われて。じゃあどんなのがいいんだと訊かれた林檎ちゃんが、龍也の声マネをするところが面白くてw 汚いダミ声でソレゆっちーに失礼だろとか思ったんですが、似てるんですよね(笑) 

こちらのENDでは両方の姿で仕事を続けていくみたいで、龍也と共演のドラマも決まるんですが、このドラマのシーンが結構長くて面白いです。 本編でセイラさんに立ち位置取られちゃった分、ENDでは龍也とのやり取りがメインというか.....もう龍也と林檎二人の世界w ハルちゃんまるっきり傍観者です^^; 乙女Onlyの方には絶対不評だよね?ってくらい龍也とベタベタしてます(笑) 私はこのENDが一番好きなので楽しかったですけど♪ (↓続く)

utapriAS_488_90_08ringo.png

林檎ちゃん√、すっごく楽しかったです! AllStarは今までのどのうたプリよりもシナリオが充実してて、ホントにいいゲームだと思います。林檎ちゃんルートは「月明かりのDEAREST」そのままにキュートで可愛い感じのストーリーで大好きですね(⌒▽⌒)


女装キャラの好き嫌いはともかく、ギャップキャラは役者として絶対やりがいのある役だと思います。役者魂に火がつくというか、思い描いた通りに演じられた時は達成感がすごいと思うんですよね。きっとゆーきゃんも、自分と対極の役を演れる喜びを林檎ちゃんに感じて、楽しんでやってくれてるんだと思います。(キャストコメントでは切替は楽しいと言ってましたしね)


林檎ちゃんの台詞に「あなたが藍ちゃんとカミュちゃんのファンだとしたら、どんな2人を見てみたいって思う?」っていうのがあったんですが、中村悠一ファンである私は、ゆーきゃんのいろんな演技を聴きたい!って思ってます。ものすごい実力の持ち主だからこそ、どんどん色んな役を演ってもらいたい。それを本人が楽しんでやってくれてたら、もっともっと嬉しいですね!これからも色んな彼が見れることを期待しています。


★中村悠一さん他作品感想

アーメンノワール ポータブル(ARMEN NOIR portable)クリムソン感想

PSP 雅恋 ~MIYAKO~ 安倍晴明ルート 感想

(こちらだけ別館へ飛びます)PSP アルカナファミリア、ルカ編感想



by カエレバ





■オフィシャルサイトの画像利用について■
当ページはブロッコリーオフィシャルサイト(http://www.broccoli.co.jp/)の画像を使用しています。画像利用は株式会社ブロッコリーのガイドライン既定により許可を得た形での使用となっており、該当画像の再利用(転載,配布等)は固く禁止させて頂きます。 (C)BROCCOLI


関連記事



最新記事

スプレファク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。