FC2ブログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマCD 「humANdroid~マイカノセンゲン!~Type S 」感想です。
感想は↓の作品紹介の下よりスタートです。


鈴木達央&岡本信彦JKType S(CV:鈴木達央)
蘇芳柊夜(CV:岡本信彦)


【発売日】2013年5月15日
【価格】2,100円
【シナリオ】エッジワークス
【イラスト】キリシマソウ
※あらすじは公式サイト等でご確認ください。

↑クリックで公式サイトへ

この先、序盤のみネタバレしてますのでご注意ください。

開発者の蘇芳柊夜は“秀才だけど見栄っ張り”で少し頼りなくて落ち着きがない感じ。会社の新規事業「恋人型ヒューマンドロイド開発」の試作機1体の制作を自分がまかされたことを、鼻高々に独り言w 憎めない感じに岡本さんが演じています。

柊夜が選んでドロイドにプログラミングしたのは「俺様な肉食系男子」。雑誌や統計を調べて女性に人気のタイプを選んだのだそうです。

そしてドロイドを起動すると、コンピューター音とともに無機質な機械らしい達央さんの声が流れて。

おお、ドロイドらしくていいなぁ(^^)と思ってると...
完全に起動し終わったら態度のでかいType Sのお目覚めw

「よぉ柊夜。相変わらずシケたツラしてんなぁ?」

「~~~Type Sっ!その偉そうな態度、僕にはやめろって言ってるだろ! 
僕は君を作ったご主人様なんだぞ!?」


「知るかよ、んなもん。俺のタイプはお前が設定したんだし。
・・・だいたいお前、主人ぽくないしなぁ?」


ああ言えばこう言う。設計者なのに柊夜は全く歯が立ちませんw

それから恋愛偏差値の測定をすることに。 
恋愛偏差値とはType Sの言動を通して、対象のトキメキレベルを測定するというもの。

試作段階のType Sは外へ出せないので、今のところ相手は室内シュミレーターで表示されるバーチャルの女の子。でも柊夜が作ったそのバーチャルの女の子はなんと触れるというスグレモノw 


【設定その1】彼女の部屋で、寝ている彼女を起こす。
シミュレーションを開始すると彼女が現れて。

「おい...起きろよ。いつまで寝てるんだ?
・・・まったく。気持ち良さそうに眠りやがって...」


ここから急にダミヘなんだ~。ちょっとくすぐったいな(*^^*)

「いいかげん目開けろ...開けねぇと.....」


・・・ふーっ ←耳に息を吹きかける音がダミヘで直撃


「...夢なんか見てないで...俺を見ろ」

オオオオォォォォォォォ!(///▽///)
ちょっと拗ねた声で小声で耳元に囁くなんて...Type S、君のスキルは素晴らしいっ!

「...そんな顔してっと...このまま襲うぞ?
寝起きのお前は反応いいからな...」


たっ、頼むからそのテの台詞を小声で...小声で囁かないでぇ~(#>д<#;)

「お前もわかってるはずだぜ...?
身体の奥がもうトロけてる...ってな」


え。
ええええええ!!!!((#@■@#))

(ゲームでいえば)CERO-Bくらいって勝手に想像してたから
そこまで言うと思ってなかった~!


と、ここでやり過ぎだ!とバーチャルを停止して柊夜が入ってきます(笑)
すっごくいい処を邪魔され彼女を消されたことに、Type Sはかなり不服を申し立ててw

「僕は彼女を起こせって言ったんだ!そんな破廉恥なことまでやれなんて言ってないっ!」

「チッ。オマケだろぉ?オマケ」

そのオマケのおかげでトキメキレベルは基準値越えw
そしてType Sの提案で、なぜか柊夜までもが偏差値測定をしてみるハメに(笑)

そのあとはドライブ、海水浴、ゲーセン、焼き鳥屋と設定を色々変えてバーチャルデートをしながら、彼女を挟んで二人のコミカルなやり取りが続いて行きます。




Type Sが胸元舐めたり、ヤキモチ焼いてくれたりw 工口くて可愛くて優しくてすごくいい!Σb(≧▽≦)

Type Sは俺様って設定ですが、ガラは悪くないし優しいし、自分が苦手とする俺様とは全く違ってすごく良かったです!
 
達央さんのトーンがナチュラルでとっても聴きやすくて、自分が知ってる達央さんのキャラの中で一番好きなタイプでした(///▽///)

柊夜はType Sと違って工口担当ではないので(*ノ▽ノ)キャッ なシーンはないんですが、Type Sと全く違った真面目で優しい言葉をちょくちょくかけてくれます♪ 研究ばっかりしてきたボクちゃんなので全く萌えはしないんですけどね(笑)

最後にキャストコメントもあったんですが、面白かったです♪
岡本さん、褒めてるつもりなんですよね?でもそれって「たっつん自体がSだ」って力説してるようなものでは(笑)


本作は「ドラマCD」であって「シチュCD」ではないと思います。Type Sの表現が行き過ぎそうになる度に柊夜がツッコんだり、DT野郎の柊夜がいつの間にかType Sと張り合って彼女の取り合いになったり、そんなかけ合いが楽しいドラマCDです。

囁きもありますが、普通のシチュCDと違ってメインってわけではないので...彼女=自分で聴くタイプの人はちょっと求めているものと違うかもしれません。

私はすっごく楽しかったんですが、密林とか見ると評価真っ二つですよねw
私はもともと一人が延々と喋り続けるCDより、キャラ同士のかけ合いで進むドラマが好きなので、なんの違和感もなかったんですが、純粋な単独シチュCDがお好きな方は、密林等で他の方のレビューも色々ご覧になった方がいいかも知れません。

自分的にはこのCD、とっても楽しめました!((o(≧▽≦)o)) 



同じタグのページ
humANdroid~マイカノセンゲン!~Type M
humANdroid~マイカノセンゲン!~Type H



humANdroid~マイカノセンゲン!~Vol.1 Type S
ドラマ CD
インディペンデントレーベル (2013-05-15)
売り上げランキング: 71,467


関連記事



最新記事

スプレファク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。