FC2ブログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーメンノワール ポータブル(ARMEN NOIR portable)ナイヴス感想です。



ArmenNoir_PSP_ナイヴスBan_icoナイヴス (CV:吉野裕行)

クリミナル11、No.9の賞金首。 「女子供は傷つけない」という信条を持った 朴訥で生真面目な青年。
戦闘を仕掛けてきたナスカを少年と思い戦うが、後に女だと気付き、怪我をしたナスカを最下層の病院(ファーム)へ連れて行き、責任を持って介抱する。




制限かかってるゼクスを除いて、攻略順を一番最後にしたナイヴス。
それは、どのルートでも不憫な末路を辿る彼が、自分のルートならきっと違った展開が!と信じていたからなんですが.....不憫なままでしたね^^; 

本人ルートなんで、追加EDでは幸せな結末がありましたけど、私はてっきり彼のルートだけは、違う道が開けると思ってたもんですから。 でも想像してたのとは違いましたが、いいルートでした(●^▽^●) 


女子供を傷つけず、弱者を助け、礼儀正しい。日本の武士道を地で行くような、真面目(カタブツ)な男性。 共通ルートのファームの面々とのじゃれあいが好印象です。 でも共通ルートでも後半の方になっても、変わらずカタブツなままだったので、やっててだんだんイラっとしてきたんですよ^^; いつまで純朴ぶってんじゃい!って。 

でも期待していた新展開がないまま、いつものようにアーロンダイトに屈して、ファームのどこにもナイヴスの姿が見えなくなってしまって。

うぁぁぁ~カタブツなんて言ってごめんよ~!まさかまたこの展開になるとは思ってなかったんだよ~! 攻略中だからかいつもの2倍も3倍もこたえるよぅ~(/□≦、) 

他ルートでいいだけ見てきたんでもう慣れたと思ってたのに、ナスカじゃないけど、えらい喪失感に見舞われました。




ここから個別ルートのネタバレオンパレードです。
知りたくない人は回避です。




    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    


バウンティアの非道な措置によって今度は敵として目の前に現れたナイヴスを、レインが気絶させてくれた後、ファームの診察室に運ぶまではいつもと一緒でしたが、しかしナイヴスルートですから、ここからが本題です。 

クリムソンはナイヴスを操っているチップは生命維持のために外せないので、制御信号をどうにかできれば、希望的観測だがもしかすると助ける方法もあるかも知れないという。 そしてネムレスを破壊するという結論に至ったナスカは単身バウンティアへ乗り込みます。


クリムソンが言っていた、ナイヴスを正気に戻す方法。その元凶のネムレスに辿り着く前、ナスカがソードと戦ってる時に、突然ナイヴスが現れてしかも正気に戻ってるので、最初???でした。 目覚めたら自然に正気に戻ってたってことだと思うんだけど、説明がなかったので混乱しました^^;

正気に戻っても記憶を奥底に封じ込められ、ナスカの事も思い出せないナイヴス。でも眠る記憶に呼び覚まされ、理由はわからないままバウンティアに乗り込み、衝動的にナスカを助けたんでした。 


ノワールがファームで治療を受けたのは、手強い相手と戦って傷を負ったからだとナイヴスに告げた場面で、(自分の事とはつゆ知らず)女の子と容赦なく戦うなんてひどい相手だ。男の風上にもおけん!とか憤慨してるナイヴスがカワイイかったです。

そしてゼクスが現れて戦いへ。その戦いの最中に、ナイヴスの記憶は甦ります。

その後、続けてゼクスと対峙していたナイヴスの元にレインが加勢にきてくれて、2人はネムレスを破壊しにレインをその場に残して行ってしまうんですが、ゼクスの強さを考えると手負いのレインが勝てる相手じゃない。大丈夫かなーって思いながら先に進めると、途中の廊下で2人の告白タイムが始まるわけです。「ずっと好きだと伝えたかった...」「私も...」とか^^;

いや、ナイヴスがまたいつ正気を失うかわからないから、今言っとかなきゃ!ってのは痛いほどわかるんですけど、助けに来てくれた友はアナタたちのために、勝てる見込みの無い相手と死闘を繰り広げてる最中なんですよ?ってw 乙女ゲームとして重要なイベントシーンなのにレイン贔屓の自分はそっちばっか気になってww

とか言っといてアレなんですが、この時のナイヴスとノワールのスチルがすごく素敵で~~~~((o(≧▽≦)o))  ノワールを見つめながら抱きしめてるナイヴスがやたらオトコマエでカッコいいっす! コレが見れたから、レインの事はよしとしましょう(オイ) ←結局その後レインは生き埋めにされてましたw


その後のゼクス戦、クリムソンが来てくれましたよっ!もちろんCAオルカを伴って。やっぱりこのルートでもオルカに陶酔しちゃってるクリムソンが見れます^^ 

ついでに、ここに来る途中ソード達を倒してきたらしいんだけど、ゼクスに向かって「えーと、何だっけ。名前覚えてないんだけど、君の部下」とか。クリムソン、どのルートでもソードに厳しいです(笑) それにしてもゼクスVSクリムソン、萌えます(。・・。) 

それぞれが目的を果たし、バウンティアのエントランスで再び集合した面々。皆はクリムソンが居ないのをいいことに彼の批判を始めて。

「だってアイツ、俺の怪我見て笑顔でこう言ったんだ。『じゃあ一応トドメ刺しておこうか』って」
「クリムソンは根っこの部分で殺し合いがスゲェ好きなんだろうな。自覚ねぇみたいだけど」

え...自覚ないの?じゃあ本人はあれだけ「オルカおたく」なのも、イッちゃってる言動なのも全部ひっくるめて「自分はマトモだ」とでも思ってんでしょーか。バカだろお前って感じですね(笑) ますますクリムソンが愛しいですw 


それにしても、このすぐ後のシーンにはイラつかされました( ̄_ ̄)
ずっと、どのルートも戦闘シーン長いなぁ~って思ってたんですが、例えばナイヴスVSレインとか、クリムソンVSソードとか、攻略キャラ同士の戦闘シーンなら闘う男のカッコよさを堪能できるから長くてもいいんだけど。

ヴァルチャー戦ウザい(==;) 個人的にヴァルチャーの喋り方がマッタリしすぎてて嫌いなんです。 ゆっくり喋るから戦闘シーン長くて長くて・・・何度すっ飛ばそうと思ったことか。でも彼女って真相に絡む人なんですっごく重要な事を喋ってるんですよ!カメの如くゆっくりと(^^; ) ........もっと早く喋れねぇのかよっ!!!!ってイライラヽ(`Д´#)ノ すっごくストレス溜まるシーンでした。


でも!それを乗り越えた良い子にご褒美シーンが(笑)

無事に戻ったのはいいけれど、まだ時間制限の不安がよぎるなか。自分の命のタイムリミットがあとどのくらいあるのか分らないから、今君が欲しいと(//∇//)

2人が横たわった時のスチルがまた奇麗で~^^ ナイヴスって正面顔はともかく、横顔がメッチャかっこいいんですよね!そして明かされるナイヴスの本名。武士っぽいとは思ってたけど、日本名でした^_^

そしていくらスチルが綺麗でも一般乙女ゲームなのでそーゆーのはカットなわけですけど。その後の会話がですね(笑) 目覚めたノワールが、自分がどのくらい眠っていたのかナイヴスに尋ねると、「眠ったというか、気絶させてしまった」という答えがw  申し訳なさそうなナイヴスは、次から加減を覚える、とかノワールに謝ってて。 スゲーな、ナイヴス。やるなぁ~(^ω^)


その後、服を着ずにベッドから出たノワールに、「自分で脱がせておいて何だが.....」とか言ったり、他のルートより表現が結構ガッツリな印象受けました。前半のこれでもか!ってくらいの生真面目さはこのシーンを際立たせるためのものなんですねっ(違)


で、ナイヴスが意識を取り戻してからこっち、常に言っていた倦怠感と眠気。それがよもやあんな理由とは(笑) 機械化で人間の三大欲求が鈍っているとクリムソンは言ってたけど、残り一つの欲求は旺盛みたいですよ?先生。なんせ気絶させるくらいですからww



全ED見終わってですけど、旧ベストエンドはあまりにも切ない。このゲームやってて、主人公のノワールが辛い境遇だとか、可哀そうだとかさんざん言われても、いまいちピンとこなかったんですが、それは彼女以上にナイヴスがひどい人生を送ってるからですね(T_T)せめて自分ルートだけでも!って希望もむなしく、彼はどのルートでも不憫すぎたので。 

それを5周も見てきた上で、旧ベストEDは(もちろん他BADは当たり前)受け入れたくない気分で迎えました。他のキャラは旧ベストEDのほうが良かったと思うものもけっこうあったんですけど。ナイヴスは新EDのほうが断然好きです。(↓続く)

ArmenNoir_PSP_ナイヴスBan_Y_L


吉野裕行さんは、すごく素敵でしたね! いつもより数段低い声が、何かを抑えているようで、ナイヴスの生真面目で武士みたいなキャラにすごく似合ってたと思います。 私の中では吉野さんという人は、自分にも厳しく他人にも厳しい、少し怖い人というイメージがあります。 嫌いというわけではなくむしろ真面目で好感が持てる人なんですが、でもラジオとかトークを聞いてると.....礼儀作法とかしっかりしていないと叱られそうでちょっと怖いですw

役幅も広い方で、ガンダム00のアレルヤとハレルヤのような二面性を持つタイプや、すっごく情けない役、落ち着いた物腰の柔らかい好青年まで、声のトーンを変えながら自在に演じられるとても素敵な役者さんです。

吉野さんの荒れた芝居が大好きだという声優仲間もいるくらいですが、私は超ビビリな人間なので、吉野さんの迫真に迫る荒れた演技がすごく怖くて苦手です^^; これは役者にとっては褒め言葉ですよね。「迫真に迫ってて怖いから苦手」なんて、役者冥利につきると思います。

なので吉野さんがやった役で一番好きなのは、「まっすぐにいこう。」のマメタロウや、「続 夏目友人帳」の玄(ゲストキャラ)が、可愛かったり、優しかったりしてお気に入りです。 でも、このナイヴスもすごく好きですね~!吉野さんがこの声を出すのに苦労しているのか、そうでもないのか分りませんが、落ち着いたいい声です^^ ナイヴスが吉野さんで良かったと心から思いました。


さあ、次はオーラスのゼクスです~


by カエレバ

関連記事



最新記事

スプレファク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。