FC2ブログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーメンノワール ポータブル(ARMEN NOIR portable)ソード感想です。



ArmenNoir_PSP_ソードBan_ico
ソード 26歳 (CV:小西克幸)

バウンティアに所属するSクラスのNo.1ハンター。冷静沈着で常に無表情であり、犯罪者に対しては非常に冷酷。賞金首から最も恐れられている存在。小さい頃からナスカを支え、ハンターとして育ててきた、兄のような存在。



初回なので個別の前に共通√についても触れておきます。

このゲーム、選ぶキャラによってハンター側の「バウンティア」と、最下層地区の「ファーム」に分れるんですが、その前に共通ルートでまず、バウンティアの仲間の人となりに触れられるシーンがあるんですね。

バウンティア側のキャラはソード、エル、ゼクス。その後賞金首の駆除に失敗し保護されるファーム側のキャラはクリムソン、レイン、ナイヴス。 人数的には3対3でバランス取れてるんですが、このシナリオの運び...!どう頑張ってもファーム側に気持ちが傾くように出来てる!


ナスカはソードの事は慕っているし、エルやクーロンの事もそれなりに近しく思っているけど、ハンターの仕事に苦痛を感じている。物心ついた頃からここにいて必然的にハンターになったけれど、対象を殺したりする事には納得がいっていない。ただ育ててくれたソードが失望しないように、一生懸命優秀なハンターであろうとするだけで「バウンティア」に愛着はない。 


そんな折、自分のミスの信用回復のために課せられた「駆除対象を殺せ」という厳命は、ものすごく彼女を鬱にする。 それがネックになって戦いに敗れ、今度は最下層地区のファーム側に保護される。


クリムソンを主として皆が仲のよい暖かい場所。駆除対象のナイヴスはとてつもなくいい人で、馴染みのレインは粗雑だけれど憎めないヤツで。バウンティアに戻れば様々な形の裁きが待っている。まだ子供のナスカにはこの暖かい場所から外に出る勇気が出ない。


そんな時にソード達が訪れ、ゼクスからの選択肢をつきつけられる。「このファームの主、クリムソンを殺せ。さもなくばお前は賞金首となり、死ぬまで追われ続ける」 
その場ではソードに半ば無理矢理約束させられるけど...

愛が試されています(笑) 
この状況で、ファーム側に気持ちが傾かない人はいない! お目当てキャラがファーム側ならいいですが、バウンティア側の場合、ファーム側を見殺しにするわけですから。

そんな状況での1周目。バウンティア側、ソードルートです。



おとん! これにつきますかね(笑) おとーさんでした。初回プレイなのでまだ話に謎も残ってて他ルートのソードを見てないんでこのルートのみの感想なんですけど。まごうことなき「お父さん」でしたよ。紹介文に「兄のような」って書いてあるけど、「お父さん」の間違いですよ(●^▽^●) 


ゲーム序盤からソードはおとん全開。シナリオ的に序盤のソードは「いつまでも傍に置いておくわけにもいかないのでつき放していた」らしいですが、完全に失敗してます。訓練時の厳しい言葉とか、駆除失敗の報告時とか確かに冷たい感じがしますが、その後すぐ心配したり気を揉んだり。全然隠せてませんw



「駆除対象を殺す」指令に失敗した暁には、逆にナスカを殺すとバウンティアトップのゼクスに言われて。戻ったら殺されるという命の恐怖と、ハンターとして育ててくれたソードを失望させてしまったという二重の恐怖が彼女を襲います。

ナスカはこの先に待ち受ける苦痛から逃れようと、結論を後回しにしてしまいます。精神的に未熟なんですね。ナスカの場合、命の恐怖よりソードを失望させたという現実の方が重い。しかもそれはソードに嫌われる瞬間を迎えたくないという自己保身。まだ他のルートは知りませんが、ソードルートでは彼女はとことん子供として描かれてます。

その甘えが悲劇を招き、とりかえしのつかないことになるわけですが(´;ω;`)


ファームを裏切る選択は、本当にキツかった...っ!でも今の私はソードが全てなのぉぉぉ! って頑張りましたよ^^;


心がボロボロになった状態でバウンティアに戻ってきた彼女を、今度はゼクスが体がボロボロになるまで駆除に使います。そんな時ソードが「これから何があっても俺を信じていられるか?」って訊くんですね。そうして信じてあげることでソードルートに入るわけですが。




ここから激しくネタばれなので、知りたくない人はスルー。







ルートに入ってからのソードはウザいです。いい意味で(笑) 過保護に磨きがかかります。誰が冷静沈着で無表情だって?というくらいナスカに対してウザ...^^; 

このルートは愛の逃避行ルートなんですが、彼女からの「信じる」の一言を得てからのソードは何かの糸が切れちゃうんですね~。全てを捨てて、彼女だけを取る。仲間も殺して彼女と逃げていくわけです。

 狭い路地奥の隠れ家で二人身を寄せ合って生活するんですが、外に出られない彼女のために、ご飯や日常品などを調達しに出かけるその様は、まるで雛にせっせとエサを運ぶ親鳥のよう(笑) やっぱりおとーさんです^^


ここの生活でソードは日常生活に必要なことは何もできない、生活能力のない男だということが露呈します。 お湯すら沸かせないとかどんだけだよって(笑) 
でもいいのです。彼も幼き頃からバウンティアに所属し、戦うことだけに専念してきた男。できなくて当然なのです。...が、アーロンダイトは包丁ではありません。相当な能力を持つCAなんです。そういう使い方はやめてください^^;


その後、潜伏先を嗅ぎつけられ色々あった後、安全な場所を求めソードがハンターになる以前に住んでいた家に身を隠します。 ここからソードは試練の時を迎えます(笑)

広いこの家に来てからソードは、彼女にゲストルームを与え、自分は自室で寝るようになります.....が。

以前の潜伏先は狭く、いつでもソードが目の届く場所にいたため気にならなかったけれど、姿が見えないとなかなか寝付けなくなってしまったナスカ。ソードに「一緒に寝てくれ」とせがみます(笑) 
 
物心ついた頃から男所帯で生活をし、ハンターという過酷な人生を歩んできたナスカが、まぁそういう事を知る由もないのは解ります。 解りますが、それは蛇の生殺しというヤツですΣ(´Д`lll) 


彼女が眠るまでという条件を承諾させて添い寝を始めたソードは、やり過ごすことにどうにか成功しますが、ナスカの「一緒に寝て」攻撃は毎晩毎晩続きます(笑) どうにか彼女に自分の切ない現状を理解してもらい、地獄から解放されたいと願うソードは一生懸命説明しますが、ベールをかけたような言葉ではナスカには伝わりません。ソードの修行僧のような日々が続きます。


彼女を置いて毎日ソードは外で何をしていたのか。ある夜、精神的に辛そうなソードを見てしまった彼女はソードに真意を訪ねます。その時にソードの口から語られる彼女への想いはもう...重っ!ウザい通り越して病んでますw 

そんな辛そうに胸の内を語るソードに彼女は

「こんな辛そうなあなたを今夜独りにはできない。今夜は傍にいて」 

と伝えます。ベタすぎてちょっとイラっときましたけど(笑)
ここでガーっと豹変するのかと思ったんですが、製作サイドはソードをあくまでもキャラ崩壊にはしたくなかったようで^^ 最後の紳士的な問いかけがここであって。そして...

翌朝(笑)
でも彼女の体調を心配したり、ガウン着せたって感じの会話があって、そして二人とも妙にぎこちない(笑) よかったね~やっと思いを伝いあえたんだね~って感慨深かったです。

で、その後のソードの台詞に「11年待ったんだ。俺がそう簡単に...」っていうのがあったんですが、彼はこの話の中で26歳の誕生日を迎えたので26。彼女はバウンティアに来た時が6歳くらいで、その時ソードが13くらいって記述があったから、逆算すると15歳。すると彼女は8歳くらいの計算になるわけで。

11年も前から襲いたい衝動を抑えていたって台詞だよね??? ナスカちゃん8歳だよ? いくらなんでも変態すぎる^^; 

キャラ崩壊はなかったですけど、潜在的な変態属性でした(笑)



ArmenNoir_PSP_ソードBan_Y_L



そしてルートコンプリートして思うことは。
台詞がベタすぎるw ナスカの台詞もそうだけど、なにより男側の口説き文句がなんか一昔前っぽいです。 わざとですか?それとも...? 

敵味方に分岐するとか、設定自体はすごくいいと思うんですが、台詞がクサすぎて集中できない(´・ω・`)  いい声にウットリしたいのに、昭和の香りが漂う台詞を聴くと軽く失笑しちゃって。せっかく小西さんがまたとない主役トーンの美声(笑)で囁いてくれてんのに~(((o≧▽≦) 演出の一環なんだとしても、ちょっとそこが残念でした。

小西さんの声自体は、超絶美声ですよっ 主役用の美声^^ この声で「頭を冷やしてくる。またお前を押し倒さないように」とか囁かれて御覧なさい! いくら私が自己投影型のプレイヤーじゃないっていっても
「遠慮すんな!バッチこーい!」ってなりますから(笑)

小西さんはやはり声技がすごい!演技力にホレてます小西さんっ!

このルートの終わりに出てきたキャラとかとの関連がまだまだ謎で、正確な感想が言えてない気がしますが、とりあえず1周目はこんなカンジで。 次はパッケージでもソードと対の、クリムソン行きます~。


by カエレバ

関連記事



最新記事

スプレファク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。