上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病葉の脈 白洲宏行艶書 上巻 感想です。 感想は↓の作品紹介の下からスタートです。

【18歳以上推奨】 性的描写がありますのでご注意ください。



病葉の脈 白洲宏行艶書 上巻白洲宏行(CV:河村眞人)

【発売日】2015年5月29日
【価格】通常版:2,300円/限定版:2,600円(税抜)
【レーベル】ダブリルムーン
【シナリオ】堀川ごぼこ
【イラスト】やすだしのぐ
【あらすじ】
初夏5月。 政権与党内のリフレ派が勝利し、久々の大型財政出動を背景に凱歌に酔いしれる建設業界。その中にあって、出資先の状況が好転しないことに疑問を抱いた主要株主たちが某所で会合をもっていた。

「アメリカG社のオファーを蹴って、日本でフリーのコンサルタントをしている変わり者らしいです」 「どこぞのメジャーリーガーのようですな」 「名前は?」 「白洲宏行。月末には、今の仕事が片づくそうです」

白洲は、業績悪化を憂う株主の要望により、従業員向け啓発プログラムを作成すべくある建設会社の労務管理部門に配属された。 しかし、これは表向きの話。彼に託された真の依頼は、巧妙に隠された不正経理の証拠を秘密裏に入手することだった。 ある夜。書類をめくる音にドアをノックする音が紛れ込む。 誰も居ないのを狙い澄ましたように現れたのは、経理部に所属するあなた。 ドアを閉め、後ろ手で鍵をそっとかける。 「折り入ってご相談があるのですが……」 あなたが白洲の前に現れた、その目的とは――





基になる『誘惑(いいなり)』シリーズは、青島刃さんの第1弾と佐和真中さんの第4弾しか聴いてないのですが、どっちも工口しかない上に世界観が特殊すぎて......お好きな方には申し訳ないのですが、正直内容はすごく苦手だったんです(佐和さんのは好きキャストパワーでなんとか聴けたけど)。 だからこのスピンオフも当初は全然予定に入れてなかったんですけど、シナリオの堀川ごぼこさんが、『誘惑シリーズをご存じない方でも楽しんでいただけるお話だと思いますので、「誘惑」の内容に躊躇された淑女の皆様、何卒よろしくお願いいたします。』というツイートをされてて、公式を覗くと前作と違ってストーリーがありそうな内容だったので.....思い切ってチャレンジしてみましたw


不正や隠ぺいなど組織の闇を題材にしたストーリーと、異なる立場でそれにかかわる二人の、抱き合いながらの駆け引きがすごく面白かったです!(正確には白洲さんの一方的な攻めに耐えながらの駆け引きって感じです) 白洲さんの焦らしプレイと指示口調の破壊力がものすごくて、もどかしいのにドキドキする感じが堪らなかったです♪

でも二人のやり取りが面白い分、H自体の派手さがあまりないので、聴かれる方によっては好みが分かれるかもしれません。 私は言葉の駆け引きと行為の焦らしからくる緊迫感にとっても興奮しました☆Σd(≧▽≦) あと白洲さんのじゅるるる~って耳攻めも好みが分かれるかな? 白洲さん物腰スマートなのに吸引力すごいですからねwwww



前作知らないのでもし的外れな事言ってたらご容赦くださいw ネタバレしてしまうと聴く楽しみが半減してしまうような真相があるので、ストーリーは軽く触れる程度にご紹介します。 台詞等抜粋してますのでネタバレNGな方はご注意ください。






上の作品紹介のあらすじ部分ですが、上半分はあらすじではなくこの物語の前段階的な内容ですw こういう経緯があって企業の不正情報を探る委託を請けた白洲さんが、主人公の勤める会社に赴任してきます。


ある夜、一人で仕事をする彼のもとに「相談したい事がある」と訪ねてきた一人の女性社員(主人公)。 彼女は不正を働く側の上層部から指示を受け白洲にハニートラップを仕掛けにきた工作員なのですが、白洲は部屋に仕掛けられた隠しカメラや盗聴器にも全て気付きながらあえてそのままにしておくほどの強者。 今まで話すらしたことのない彼女の急な訪問と誘惑がトラップである事など簡単に見抜いてしまいます。


「この部屋で私を誘惑し、私が君の体にむしゃぶりついた様子でも隠し撮りして....私を失脚させるつもりでしたか?」


しかし彼女も簡単に自分の目的を認めたりはせずシラを切り通します。 隠し持っていたボイスレコーダーを押収されてなお態度を崩さない彼女に興味を持った白洲は、もっと落ち着いた場所でなら話を聞こう、と彼女に提案。そして彼女が選んだのはホテルでした。


「君の仕掛けた罠にまんまとかかってあげるよ。今は、ね」

「私に君の望みを叶える義務はないと言っただろう?君が真実を話してくれなければ.....一晩中でも焦らし続けるだけだよ」


誰に命令された? 経理という立場上巻き込まれて仕方なくやっているんだろう? きわどいところを攻めながら、でも決定的な快楽は与えないように彼女の口を割らせようとする白州。 それでも頑なな彼女に


「君から情報を得たことは絶対に漏らさないし、君が望むならこの会社に残れるよう計らう。.....私を信じて。必ず君を守る」


と心に訴える手法を使ったり。

脅したりすかしたり色んな手を使う白州さんと、彼の手管に翻弄されながらも流されないよう必死に耐え抜く彼女の駆け引きが面白いです。




結局は彼女の口の硬さに根負けした白州。 そのひたむきなまでの意思の強さに何かを感じ取った彼は、後日彼女の素性を調べてみることにします。そして得られた情報は.....彼女の深い孤独と哀しみ。 この瞬間から彼女に対する白州の気持ちは明らかに変化していきます。


彼がたどり着いた真実は、企業の闇へ通じると共に彼女へも繋がっていて。 今度は口を割らせるための方便ではなく、心から彼女を守りたいと願う白州。その気持ちは彼女の心にも変化を起こして.....。






駆け引きやトラップのためではなく、互いが互いを求め合う終盤のHも素敵でした~(*´∀`) 最初の頃は揶揄うというか試すような口調だった白州さんが、調べが進んでいくとどんどん柔らかく変化していって、終盤では彼女が愛おしいっていう声音に変わるんですよね♪ それに真実が解るまでは彼女に触れるだけだったのが、今は欲しくて堪らないという急いた感じなのがもう!(笑) そんな白州さんが繰り出した、「(私に)貫かれなさい....」には瞬殺されてしまいました~! ( ( ((( (o_△_)o 探り合いをしていた頃の指示口調も、柔らかいけれど有無を言わせない凄みがあってドキドキしましたが、この終盤の甘~い指示口調は破壊力抜群でしたね.....反論できません絶対www



今回の件を通して、彼女が白州さんにとって大切な存在になったのは明らかなんですが、じゃあ彼女にとって白州さんという存在は?というと.....ネタバレにも関係してきますのでここでは控えたいと思いますw ぜひお聴きになって確認してみてください。言葉では表しにくいのですがCDを聴くと彼女の気持ちはとてもはっきり伝わって来ますよ~^^




:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・



◆アニメイト限定特典【飛行機編】◆
あなたは海外リゾート地へ視察へ向かう白洲に秘書として同行する、その飛行機内で深夜……。


時間軸的には今回の依頼をあらかた片づけた後、下巻へ続く出来事が起こる前の間のお話かな? 視察という名目ですが二人きりの甘い旅行ですねw リゾート地へ向かう飛行機の中で眠れないという彼女を優しくあやす白洲さん。 すると彼女がその気にさせようと彼に触れ始めて.....シーズンオフで乗客は少ないものの、ビジネスシートでブランケットに隠れて愛し合う二人(笑) 特典でもあの指示口調は健在♪ 声を立てたり動いたりすると周りの人に気付かれてしまうからっていうのは分かるんですけど、「絶対に声を出してはいけないよ」から始まって、上に座る彼女の腰を固定して「動かなくてもできるはずだ...」とか無茶振りをする白洲さんwwwww どういう意味かと思ったら、君が中を蠢かせれば.....だって(≧▽≦)ノ彡☆ 妥協を許さない男・白洲宏行の相手は大変そうですね(笑) 機内でこっそり、ってシチュなので白洲さんの堪えるような吐息が大変色っぽいです♪ でもじゅるる~は控えないのねw 



◆ステラワース限定特典【アーユルヴェーダ編】◆
ホテルに戻ると、白洲は視察で歩き疲れた身体を癒してあげるとアロマオイルを手に取りそして……。


ホテルの部屋のテラスで夕日を眺めながら白洲さんにオイルマッサージをしてもらう......なんだかすっごい贅沢w 白洲さんがそういう意味合いを込めた手つきでマッサージをしたのか、それとも彼女が敏感に反応しただけなのか....だんだんそういう方向へ行っちゃいます( ̄m ̄〃) 白洲さんがおふざけで彼女をお客様扱いするところがちょっとだけあるんですが、セラピスト風な物言いがすごく素敵で、白洲さんがセラピストだったら女性のお客様で大繁盛しそうだな~と思いながら聴いてました。 「私自身で直接、君をほぐしたい....」って台詞が何故かツボってしまって変な笑いをこらえるのに必死でしたw (個人的にですが)特典3作の中で耳攻めの音が一番響いていた気がします♪



◆シーガル限定特典【水上デッキ編】◆
ヴィラで寛ぐ二人、ガラス越しにラグーンが見える床。白洲は口でそっとあなたの水着の紐をほどき……。


現実で白洲さんのようなリッチな人とセレブな生活がしたいと思った事は一瞬たりともないのですが、この水上のコテージは憧れますね!泳ぐのが大好きなので、部屋から一歩踏み出すと水中へ飛び込めて、波の音を聴きながら眠ったりできるこの施設だけは永遠の憧れです♪ ここで海を眺めながら一日中ネットしたい(爆) なので個人的にもこの特典楽しかったんですが、3特典の中でこの特典が一番、白洲さんが彼女に夢中というか....彼女が愛しいっていう気持ちが溢れてるような気がしました(*´∀`) 彼女からフルーツを口移しされて不意を突かれて気持ちよさそうにしている様子とか、「私と一緒にずっと....」っていう想いがすごく伝わってくるような台詞があったりして、いつもの完全無欠な白州さんではなく生身の男性っぽさが窺えるのがいいですね~♪ 本編では抗い難い感じの「おいで」というあの一言、この特典の最後ではとても爽やかな「おいで」を聴くことができますよwww



:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・





これくらいお話がしっかりあると聴きごたえがありますね。 ドラマを聴いた!っていう感じがすごくしてとても楽しかったです♪ そしてラストは二人に幸せが訪れ.....たと思ったのですが、上巻なのでまだ続きがあるんですよねw  『待て次号!』みたいなメチャメチャ続きが気になる終わり方で、最後はすごい引っ張り方でしたよ~!早く下巻が聴きたくてしょうがないです ((o(≧▽≦)o))  




※こちらは通常版です。特典付はアニメイトステラワースシーガルで。




関連記事



最新記事

スプレファク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。