FC2ブログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壁ドン! SONG そのカレ、礼文翔央耶 感想です。感想は↓の作品紹介の下からスタートです。



壁ドン!song♪~その彼、礼文翔央耶(レブンショウヤ)~礼文翔央耶(CV:斉藤壮馬)

【発売日】 2015年4月24日
【価 格】 1,800円(税抜)  
【シナリオ】 雨宮だりあ
【イラスト】 風凪ひかり 
【レーベル】 iris quartz
【あらすじ】ある時、翔央耶は社長命令でアマチュアカメラマン女子が男性モデルを撮影するという雑誌企画でモデルを務める。 撮影会に参加し、スタジオから帰る送迎バスに乗り遅れたアナタ。 マネージャーの迎えを待つ翔央耶とアナタは偶然スタジオの楽屋で2人きりになり、少し話すうちにアナタに興味を抱くようになる。 アナタが帰ろうとしたところを 「ちょっと待って」 と呼び止める翔央耶。 立ち上がった反動で体勢が崩れ、意図せずアナタに壁ドンする形になってしまう。 ( 今ここで言わなくちゃ、もう一生会えないかもしれない ) そして語られる、アナタに対する思い …… 。



お~、今回も短いけど楽しかったですΣd(≧▽≦*)  第1弾とは違って思わず吹き出しちゃうようなシーンはなくて、シチュCDとして普通に聴き入ってました♪ 歌も歌詞を台詞にして囁く部分はだいぶ削られて、ワンフレーズくらいかな? 曲中に入る台詞のような感じで今回は自然でした(前回は前回で楽しかったけどw)壁ドンバージョンの方の歌の構成が凝っていて楽しいし、ぶっきらぼうな彼が彼女と二人きりになってだんだん感情豊かになっていく変化がとってもとっても可愛くて、斉藤壮馬さんの礼文翔央耶くん、すごく良かったですよ~! 



雑誌の企画で開催された、カメラ好きのアマチュアが集まって1つの被写体を撮影する撮影会。 その被写体となったモデルの礼文翔央耶がマネージャーの迎えが来るのを待つために楽屋へ向かうと、撮影会の参加者を送迎するバスに乗り遅れて取り残されていた彼女と出会います。

彼を被写体にした撮影会は今までにも何度か開催されていて、その度に参加してコンテストでトップを取っている彼女の事を翔央耶は憶えていたようで、ぶっきらぼうながらも彼女に話しかけてくれます。 待つ間に色々な話をしてうちとけてきた彼。 いつもはクールで冷たい印象で通っていますが、 実は人見知りで上手く笑えない彼のために事務所が打ち出してくれたキャラクターで、素顔の彼は表情が良く変わるとても可愛い男の子でした。

彼女が写真におさめた自分はどれも普段他人には見せない自然な表情で....自分をそんな風に捉えてくれる彼女の事が気になりだした翔央耶。 次のバスが来て帰ろうとした彼女を引き止めようと焦った彼はバランスを崩してしまい、図らずも彼女を壁ドンする形になってしまう(笑) 彼女が今、目の前にいる。 今伝えなくちゃ、もう機会はないかもしれない。

そして彼は、溢れる想いを歌にのせて伝え始めます。




翔央耶くん、すーっごくカワイイ男の子なんですよ~! 最初はぶっきらぼうなんですけど、愛想がないのは言い方だけで、よくよく聴くと「ロビーだと寒いからここで休んで待ってたら?」ってちゃんと彼女を気遣ってくれてるんですよね♪ その後も彼女がコンテストでいつも上位にいる事や彼女の撮った写真の事なんかもちゃんと知ってて色々話してくれるので、冷たいっていう印象は最初から全然ないです。 そして話してるうちに彼女にうちとけていって、言葉やしぐさがだんだん柔らかくなってくのがすごく良く分るんです。 で、彼女を意識しだした途端にテンパっちゃって、すごくヘンな会話になる彼がめっちゃカワイイんです♪


「たとえばあんたが誰かとどっかに行った時、腹が減ったとして......それがジャングルとかじゃなくて....と、東京だったとしたら.....えっと....何食べたいと思う.....ことが多い?」


何言ってんだコイツ、って(笑) そこから壁ドン状態になってテンパったまま告白(=歌)に突入するまでの彼がもう可愛すぎて!第1弾のようなセクシャルな雰囲気は全然ないんですけど、焦っちゃってどうしていいか分からない年下クン(たぶん)にすごく興奮しました( ̄m ̄〃) 年下クンがちょっと照れくさそうに「あんた」って呼ぶの、好きなんですよね~wwww 



今回の曲もとっても素敵ですね! そして斉藤壮馬さんがすごく上手。 全作では笑いどころだった2番の歌詞de告白は殆どなくて、ダミーヘッドの効力を活かしたアレンジが素敵な聴きごたえのある曲に仕上がってます♪ この曲もすごく好きです~! ただ2番の歌詞が雰囲気だけで何を言わんとしてるのかいまひとつ分からないけどwww

でもやっぱりダミーヘッドで歌われると、普通に喋ってる時より耳や首筋が音圧でゾワゾワして大変なことになりますね!Σd(≧▽≦*) 斉藤さんの歌は普通に収録された方がもちろん上手なんですけど、ゾワゾワ感がたまらなく楽しいので私は壁ドンバージョンの方が好きですw


歌い終わった頃にはもう最初のぶっきらぼうな態度はどこへやら、ワンコのように可愛い翔央耶くんが(笑)


「俺、こんなだから....相手から押してくれなきゃ、友達にも彼氏にもなれない。.....不思議なんだ。あんたには自分から頑張ってでも気持ちを伝えたいと思えた」


本編は前と同じく、告白されたところでおわりなんですけどねw でも最後の告白も緊張しながら頑張ってるのが伝わってきてすごく可愛いんです。あんな告白されたら誰だってほだされちゃうよ~!



そして今回もアニメイト・シーガル・ステラワースで付いてくる、 「壁ドン ! アフター」 お持ち帰りCD。 公式に載っている特典のあらすじを見ると、今回もなんとなく3作繋がってるっぽいかな? 私はアニメイト特典の『 公園で 』 編を聴いたんですが、今回は迫られる話ではなく付き合うようになった後のお話っぽくて、公園でおにぎり食べて普通にピクニック?デートしてるCDでしたw 彼のドジっぷりが微笑ましい、健全な感じの特典でしたよ^^ あらすじ読む限りでは、ステラワース特典まで行くとちょっとドキドキな雰囲気になるのかな? いつか聴く機会があったら追記しますね♪



第1弾も購入された方からすると、今回はえらく健全な展開だな~って感じですよねw 前作は彼がグイグイ押してきたからw 今回の彼は人見知りだっていうのもあって、ドキドキ感より懐いてくれる可愛さを堪能する感じになってると思います。 私は斉藤壮馬さんのこういう可愛い感じをあまり聴いた事がなかったので、とっても楽しかったです(*´∀`*) こういう初々しさで心が洗われるようなCDもいいですよね! 斉藤さん可愛かった.....♪ 


今回も分数は凄く短いですw 壁ドンバージョンの歌をドラマとして含めても16分しかないので、普通のシチュCDの感覚で購入すると泣きを見ると思いますが、壁ドンしちゃうほどに想いが高まって歌っちゃうほどに伝えたい気持ちがギューッと濃縮されているので、私はこのシリーズすごく好きです♪ 確かに分数の割に値段が高く感じますけど、長くても全然盛り上がらないシチュCDもある中、この作品はミニドラマにも歌にも萌えが詰まってるところがいいですね^^




現在(2015年4月26日)、Amazon本体さんでは在庫切れで入荷の予定は立ってないとのことなので、今回リンクは貼りません。 Amazonのマーケットプレイスで20万円とかアホみたいな値段で売ってる業者さんがいましたけど、そんなのもちろん論外です^^; 特典の「お持ち帰りCD」付きは、アニメイトかシーガルかステラワースでどうぞ★

関連記事



最新記事

スプレファク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。