FC2ブログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSP 雅恋 ~MIYAKO~ 源信ルート 感想です。



雅恋 ~MIYAKO~源信
源信 (CV:井上和彦)

身長 173cm
体重 62kg
年齢 25歳
肩書き 天台僧
裏の武器 覚り目



仕事寮に属する天台の高僧。大人の雰囲気を持ち、優しく包容力に満ちたお兄さん的な頼れる先輩。曲者ぞろいの仕事寮の面々を、うまくなだめることのできる稀有な存在。


製品概要と個人的評価は安倍晴明の記事に記してあります。


雅恋 ~MIYAKO~源信1


源信、いい人ですね~^^ ビジュアルは...ええと、ゴメンナサイw あまりに奇抜な髪型もアレだし、25歳に見えないし。うん、私の中ではいい人どまりの源信さんです( ̄▽ ̄;) 年齢と声が合ってないよぅ~。あの声で、設定が35歳くらいで、もう少し一般受けするビジュアルだったら、断然好みなんですけど。 それから...声優さんの演技プランなのか制作側の指示なのか、いい人の中にも威厳というか頑なさみたいのがあって、シナリオから受けた「自分が思う源信像」より幾分硬めな印象でした。 


いつも瞳を閉じている源信。仕事寮がない時は町屋で子供たちに勉強を教えるまなび屋の先生をしています。まなび屋の子供たちと遊んだあと眠ってしまった参号に膝枕をしてくれて。 その時に話してくれた「さとり」という人の心の中が見えてしまう妖怪が、力のせいで村から追い出されたという話。もし心を読まれたら怖いかと尋ねる源信に、参号は怖いよりもその力のせいで孤独になってしまった「さとり」が可哀想という。



私は普段、他人といる時も実は全然何も考えてないのでw 私も「さとり」に心を読まれるのは怖くないです(⌒-⌒) 強いて挙げればR-18なこととか、BのLなこととかくらいですかね(〃 ̄ω ̄〃) 対人に関しては読まれて困るような事は考えてないですし、言いたい事は割と言葉にして伝えているので。仕事とかで上司にムチャな事言われたりしても断りにくいので、そんな時はむしろ読んで!って感じですがw 


その後、苦労と戦いの末やっと全てが揃った三種の神器がある人と共に消えてしまい、捜索に当たる事になり源信と参号が組んで探しますが、そんな二人の元に沙汰衆からの矢文が届いて。 まなび屋の子供たちを人質にするという内容に二人は子供たちを救うためまなび屋に向かいます。


まなび屋の子供と騒ぎに集まってきた町民を人質にとり、人目のある街中で戦うよう仕向けてきた南蛮に、源信はやむを得ずあの両目を開き「覚り目」を使う。 
南蛮の心を読み、次に南蛮がどう動くのかをさとり、先回りして戦う。 その「覚り目」を大勢の人の前で源信に使わせた南蛮は、人々の源信を見る目が変わったのを確認し、満足して去っていく。
戦いが終わった後、人の心を読むバケモノと源信に罵声と石を浴びせる人々。それを黙って受け入れていた源信は参号に抵抗するよう促されると、人々と争いたくはないと言い残し、その場を離れます。


源信が両目を閉じていたのは、人々を傷つけないためと、自分が傷つかないための両方の理由から。覚り目のために過去色々な場所で人々からひどい扱いを受けてきた源信の心を救ったのは無邪気な子供たち。この町で子供たちのためのまなび屋を営みようやく安住の地が得られるはずだったのに。 心配する参号に、源信は以前話した「さとり」という妖怪の物語の結末を話し始める。 それは、追い出された「さとり」が追われ続け迫害され、そして自ら命を絶ってしまったという哀しい結末だった。


そんな中、再び南蛮が子供たちを襲い今度は連れ去ってしまった。 救出に向かう源信と参号。 源信は「覚り目」を使い戦っているのに、なぜか南蛮は次々と攻撃を避けてしまう。まるで源信が次に起こす行動が解っているかのように。これは...



----------------------------------------------

今回は先に声優さんの感想から。

井上和彦さんですが、私の中で声優の起源であります。そして大人になってから解った事ですが、実は私の初恋の人でもありました(=^▽^=) 私の初恋...アニメ「キャンディキャンディ」の丘の上の王子様!だったんです。もちろんその頃には声優なんて職業知りませんでしたから井上さんの名前も存じ上げませんでしたが...というか小さかったんでね、「丘の上の王子様」って人だと思ってましたから(爆)

声優:井上和彦として最初に認識したのは、ゲーム「遙かなる時空の中で2」の翡翠ですね^^ (なぜ遙か1の友雅じゃないのかというと私が遙か1より2を先にプレイしたからです) もうホンット~にイイ声っ! 私の中の永遠のベストヴォイスです。
自分的に井上さんの代表キャラといえば遙かシリーズの地の白虎、今日マのギュンター、レジェンズのシロンなどです(ニャンコ先生より断然シロンですw)。あ、もちろん丘の上の王子様もっ(●^▽^●)  

ダミヘ作品で色んな声優さんを聴いていても、鼓膜に直で響いてゾワっと身震いする声には中々出会えません。しかし井上さんの声がまさにそれで、井上さんのダミヘ作品は黙って聴いてられずに悶えたりヘッドホンずらしたり大忙しw こればっかりは体との相性(凄い表現だ^^;)なんで、どんなに好きな声優さんでもこの身震いができない人も多いんですけど、井上さんのダミヘはどの作品もぞわぞわぞわw よっぽど私の中枢に響く声なんですね~声優:井上和彦に出会えて本当に幸せです。

書き忘れるところでしたが、演技力はもちろん、最上級です!





ここからシナリオの感想ですが、今回相当の辛口ですので、このルートが好きな方は読まれない事をオススメします。文句ばかりでルートの感想にすらなっていないのでm(__)m








ん~...。自分には色々とキツいルートでした。正直、感想書くの嫌です。でも源信だけ書かない訳にいかないので。


戦いとか、残虐とか、拷問とか、目を覆いたくなるようなアニメやゲームのシーンでも、私は割と平気なんですが...「イジメ」だけはどうしてもダメです(>_<) もうホンットーーーーーーに大嫌いです!


東北地方で大震災があった時も。原発事故のせいで他県に避難を余儀なくされた人たちがいて、転入先の学校では原発地域から来た子供が相当数イジメにあったと聞きました。大人ですら該当地域からの避難者の受入拒否をする宿泊施設などがあったとか。

どんな理由があるにせよ、イジメは最低です。
相手が理解できないのなら、まず相手の話を聞いてみる。 その上でどうしても相容れないと思ったら関わらなければいいだけの話です。もちろん共同作業や伝達事項はそれとは別に当たり前の事ですから普通にして。じゃないと「無視」っていう別のイジメになりますから。 必要最低限の事はきちんとこなして、あとは関わらない。これだけでイジメはなくなるのに。日常的に誰かを苛めてスッキリしている人種の気持ちはどうやっても理解できません。

とまあ、このルートは私の地雷を踏みまくりなので、制作者には申し訳ないですが全然ダメでした^^; このルートも最終的にはHappyENDになりますが、上記の理由からハッキリ言って気分最悪なルートだったので(-"-;) 
敵の南蛮は結局は源信と同じ立場なので行動の理由もわからなくもないですが、それよりも周りの民衆が最低だっていう...最悪なパターン。 
制作側が敢えてこのテーマを取り上げたのも痛いほど解るんですが、身近すぎて重すぎるこのテーマはほんと、プレイがキツ過ぎました。ゲームやってない時間も気分が浮上できなくて精神的に影響大きすぎました。感動できるいいシーンもたくさんあったんですけどね...


このルート以外は、「雅恋」すごくオススメのゲームなんですが。
すいません、源信ルート感想、以上です。

ああ、「雅恋」の感想、これでラストだった。しまった~!こんな最悪な文章で最後を締めるなんて(T_T) 
ごめんなさい。次の記事からはまた普通に頑張ります...


by カエレバ


by カエレバ


by カエレバ
関連記事



最新記事

スプレファク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。