上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えねみーかっぷりんぐ 2匹目:兎・宇佐優月 感想です。 感想は↓の作品紹介の下からスタートです。

【18歳以上推奨】 性的描写がありますのでご注意ください。


えねみーかっぷりんぐ 宇佐優月宇佐優月(CV:村野住人)

【発売日】 2015年2月10日
【価 格】 限定版 2,300円(税抜)
      通常版 2,000円(税抜)
【シナリオ】 マキタ桜子
【イラスト】 めろ
【レーベル】 milkychain
【あらすじ】 異なる種族が混ざった 『 Mix TYPE 』 が住む世界。いろいろな組み合わせの 『 Mix TYPE 』 がいる中、貴女が好きになった人は天敵の種族でした。ごくごく普通のカップル ――でも、天敵ゆえのトラブルも ・・・・・ ! ? 第二巻は兎の宇佐優月と狐のあなたのカップリング ! 天敵でもちゃんとイチャイチャできる ! ?




お話は前巻より更にマイルドで、二人の間に障害はありませんw 障害なのは彼女のおばあ様。実際はこれも障害とは呼べないオチだったので実質二人はラブラブのままって感じでした♪ 優月くんはちょっと幼く見られがちだけど可愛くていい子だし、殆ど問題なかったです。 ひとつ挙げるとすればウサギの性欲の強さがハンパないって事くらい(笑) 可愛いカオして肉食の、まさにロールキャベツ男子でしたね~。このあたりがネックになってくるのかな?って思ってたんですが、そこも普通にスルーでしたw 聴き手からすると相手するのが大変そうに聴こえたんですけど、彼女は別に嫌がってなかったし( ̄∇ ̄)w

なので聴き方としてはウサギな優月くんの可愛いロールキャベツっぷりを堪能する感じかな?それとステラ特典つきの場合は二人のギャップが結構あって楽しめます♪

表も裏も、村野住人さんのお声を聴くのはこれが初めてなのですが、本編を聴いた段階では「ふたりの秘密3」 ←(2/20訂正。今まで1って書いてました~スミマセン^^;)の櫻井真人さんや、「Twinkle Blossom なつめ編」の加藤一樹さんと近い、元気で可愛い声だな~と思いました。でもステラ特典でのトーンの使い分けにギャップ好きな私は萌えましたね~! 村野住人さん、低音(というか通常トーン?)カッコいいです(笑)





今回、個人的に面白い現象が起きましたw

CD序盤、優月くんが登場した直後のことなんですが、君は耳にキスされるの好きだよね~ってチュッチュされた時、「いきなり何すんの!?」ってちょっと引きました。私が(笑) でもこの2人って恋人同士なんだから当たり前だった、と今更ながらに気付いて... ... ...アレ?いつもシチュCDで、例えば開始直後からHシーンだったとしてもこんな風に思わないのに、今回に限って何で?って不思議に思ったんですけど分かりました。 いつもは耳にお馴染みのキャストさんだから違和感がないんだなってw

例えば前巻は佐和さんでしたが、佐和さんの声はよくお聴きしますし、キャストトークやラジオなどでご本人の雰囲気も大体知っているので、突然そういうことされても平気なんですよね♪ でも村野住人さんは今までお聴きしたことがなかったので、咄嗟に耳や脳が「知らない人」として誤認しちゃったみたいで。だから「何すんの!」と(笑)


某猟奇声優さんがよくキャスコメで「お耳の恋人」ってフレーズ使いますけど、本当にそうなんですね。よく聴くキャストさんの声ってちゃんとお耳の恋人として認識してるんだな~って思い知りました。村野さんゴメンナサイ。この作品をきっかけに仲良くなりましょうね( ̄∇ ̄)w




以下より台詞等ネタバレありの感想になります~☆








きつねの彼女の家は神社で、巫女である彼女は神社のお務めが忙しいとスクールを休むこともしばしば。そこに授業のノートを持ってウサギの彼が嬉しそうに帰ってきます。


彼女に「耳をモフモフしていいから頭もなでて~」ってお願いしたり、ピクニックに行ってお腹いっぱい人参ケーキを食べて彼女のおヒザでうたた寝して、君のひざ気持ちいい~って幸せそうにしている、小動物らしい可愛い彼。でも雨が降ってきたら、雨にあたらない場所へ彼女を先に避難させて、自分ひとりで荷物を片付けてくれるような優しい男の子の一面も持っています。


彼はウサギらしく撫でられるのが大好き。雨に濡れた時も彼女が頭から体までタオルで拭いてあげると気持ちよさそうにして♪.....そして撫でられるとすぐ発情しちゃうのもウサギらしいところ(笑) 



「あははは、くすぐったいよ! ほんと大丈夫だからもう...離して? じゃないと....んっ」



って急にキスされて、したくなっちゃったって言われますww こんなところでサカられちゃ困る彼女は、雨上がったよ!って彼の気を逸らそうとするんですが、じゃあ僕の家に行こう? 家に着くまでならちゃんとガマンできるから!って.....おそるべしウサギの発情力(≧▽≦)


「なんでダメなの!?ちゃんと家までガマンしたよ? ベッドまでなんてもう....待てない」


って、玄関入ってすぐ始めちゃいますw なんかね、もうしたくてしたくて堪らなくて彼女を早くその気にさせようと頑張るんですけど、そのあたりを可愛いと思えるかそうじゃないかで聴こえ方が変わってくる気がします。彼女の気持ちは二の次で、やるためだけに彼女を愛撫しているようにも聴こえるので(あえてそう聴こえるように作られてると思う)、ここで気持ちが削がれちゃう人もいるかも。 ウサギの発情がこれほど強くて所構わずなんだな~って呆れるくらいの気持ちで聴ければ大丈夫だと思うんですけど^^;




「もう少し....我慢、したいけど....も、ムリ....」



優月くんの喘ぎ声は、気持ちいいというよりは何か酸素が薄いところで必死に堪えているような? ラストスパートのあたりは全力疾走しながら....うん、酸素が足りない状態に近いかなw そんな感じで「も、もう出ちゃう~!」って叫びながら果てちゃうのでまるでお産.....あ!それだ! お産の時の苦しそうな呼吸!雰囲気はあれに近いです!☆


ひどい言い様ですね^^;
でも、その声にならない声というか、喘ぎ方がイメージ的にすごくウサギっぽい気がして、 今までにない感じの喘ぎ方でものすごくカワイイな~って思いました♪ 男の色香みたいなのは全くないですが、必死な様子がとっても愛らしい^^ 

最後はかなり声をあげてバタバタとしたSEも入ったりして、とっても派手なフィニッシュでした(笑) でもすごくインパクトあったので、耳が村野さんの声をしっかり認識しましたよ♪ これで次からはお耳の恋人として聴けると思いますw


彼の甘えん坊な部分やがっつきっぷりが強調されていて、彼女の描写が殆どないので判りにくいですが、彼がご飯を作るために席を立とうとすると、彼女が「もうちょっと」って引き止めるような仕草をするんですよね♪ Hはちょっと性急だったけど、彼の独りよがりじゃなく彼女もちゃんと幸せを感じてるんだな~って思えたので、この「もうちょっと」っていうシーン、私はすごく好きでした^^ このあと後半にも、彼女の方がその気になっちゃって彼に頭をスリスリしたりするシーンがあるので、時間は短くても彼女の想いが表現されていたのが良かったです。




問題といえるほどのことではないんですが、彼女がきのう大人の男の人と一緒に歩いているのを同じクラスの友達が目撃したそうで、友達からその話を聞いた優月くんは「その人と何してたの?」って嫉妬します。でも実際は二人が以前通っていたスクールの先生(次巻の大神先生)だったという事がわかって誤解はすんなりとけますw

でも大神先生の話が出た事で、彼の密かな悩み事が発覚します。彼女は大人っぽくて綺麗なので、街で目撃した友達は、男の人と彼女は美男美女のカップルだったと噂していた。対する自分はいつも子供に間違えられるような頼りない存在で。 狼の大神先生のように強くてカッコイイ大人になれれば、彼女のおばあ様も僕のこと認めてくれるかもしれないのに。


「小さい頃から僕が怯えないように優しく寄り添ってくれたから、僕きみの事はちっとも怖くないもん」


だからおばあ様に認めてもらえるよう僕頑張るよ!と決意を新たにする優月くん。そんな彼を見て彼女も一安心です。 しかし連続して水に濡れた彼は風邪をひいて今日はスクールを休んでいて、それを心配した彼女が今日はなんとお泊りで看病するという話に! ベッドはひとつ。 病人の彼はベッド決定ですが彼女は....?という話になって、


「だっ、だめ!それはだめ。一緒に寝たら、僕たぶん.....」


風邪をうつす、ではなく「君と....すっごくしたくて堪らないの!」と叫んじゃう彼(笑) でもダメダメ!って自分を律する優月くんですが、彼女にちょーっと触れられただけですごく感じちゃいます♪ 彼女の甘い誘いに細いワラの様な自制心はあっという間に折れ、そして酸素不足再び....な喘ぎ声を聴かせてくれますwww あ、彼女を攻める時の囁き声も、優しくて柔らかい声質なので聴いてて心地いいですよ♪ 喘ぎ声が派手なのでそっちにばかり気を取られがちですがw



結局はおばあ様の事も問題なくカタがついて幸せだね~♪ってエンドでした。 販売店の作品紹介に「ふんわり可愛いシチュエーションCD」って一文があるんですが、まさにそんな感じでしたね♪ 前巻も聴きやすかったですけど今回は更に問題もなく進むので聴きやすく仕上がってます。問題なのは彼の性欲だけでしょう(笑) でも私は優月くんのがっつきっぷりは好きだー!



予期せぬ彼女の訪問に、答えに窮した彼が「いっ.....いません!いーまーせーんー!」って叫んだのが地味にお気に入りです( ̄∇ ̄)w



:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・


◆アニメイト特典『いちゃらぶ旅行でカップリング☆~宇佐優月の場合~』◆

彼の家の別荘に泊まりに来た二人。最近伝統工芸品に指定されたという反物をお土産用にと見に行って、どうやら彼が帯を買ってくれたようです。神社の娘らしく旅行にも着物を持ってきているという彼女に、帯をつけている姿を見たい!とせがんで着て貰ったら、想像以上に可愛くて興奮しちゃうお話w

「はぁぁ~どうしよう。着物が乱れた姿が、いやらしい.....!」

「もうっ...なんでそういう可愛い声....っ、ほんと可愛い.....!」


って言ってるんですけど、息も絶え絶えなので聴いてるこちらも酸欠な気分です(笑) 甘くて可愛い特典でした♪




◆ステラワース特典『2人になっちゃったカレとカップリング!?~宇佐優月の場合~』◆

目覚めると何故か優月くんが2人になっちゃってるお話です。優しく可愛い優月くんと、低音ボイスで如才ない感じの優月くん。トーンも雰囲気も結構違うので聴いてて楽しいです♪

低音優月が「頭いてー」と言うと「ええっ、頭痛いの大丈夫?」って心配しちゃう優しい優月w もう一方の低音優月は不思議がる彼女を「ほぉら。普通に抱きつけるから夢じゃないだろう?」と抱いてキスを奪っちゃうような抜け目なさ(笑)

いますぐ元に戻る方法を探そうよ!という可愛い優月に対し、手がかりがないのなら原因が判るまでこの状況を楽しむか♪という低音優月w 結局は彼女を気持ちよくさせてあげようという方向で話は決まって。

「先譲ってあげるよ」「え、いいの!?」「どうせ僕が先に入れたら泣くだろう?」「わ、わかった!」って会話に吹き出しましたw なんか漫才聞いてるみたいで楽しい(≧▽≦)ノ☆


可愛い優月と低音優月の雰囲気の差がバランスよくてとっても良かったです! というか可愛さ100%の優月を本編でずっと聴いてきたせいか、低音優月がやたらカッコよく聴こえて参りました// 喘ぎ方も酸欠優月と違って、普通に男っぽくてドキドキしました♪ (便宜的に低音って言ってますが、本来はこちらが通常トーンで優しい方が高音なんでしょうねw) 最後うるさいのは変わらない....どころか2倍になって更にパワーアップしてましたけどw 



:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・



かーわいーじゃないかぁ~♪ロールキャベツ男子。かわいい顔して肉食系の男の子は好きですよ! 酸素欠乏ぎみの喘ぎ声も気に入りましたw でもリップ音がちょっと強いかな~?そんなに吸ったら痛いよきっと(笑) あと、個人的には可愛い時と肉食の時のギャップがもう少しあるとドキドキできたのにな〜と。 これは勿論シナリオがそういう設定だからなんですが、可愛いまんま発情してましたからねw あの堪えるような喘ぎも愛らしいのでこの設定も好きですけど♪

可愛さのカタマリみたいな本編の優月くんもいいですが、ステラワース特典の低音優月くんには驚きましたね〜。 トーンも発声もブレスの頻度も変えられててお見事です。 多彩な技をお持ちの方ですね。 村野住人さんグッジョブですΣd(≧▽≦*)

ダミヘも年齢推奨作品も甘えん坊キャラも今回が初めてという村野住人さんですが、とっても良かったと思います。今回みたいな純粋に可愛らしいタイプもいいけど、小悪魔テイストをプラスしたキャラも似合いそうw そして低音の方ですが、個人的にはこっちのお声での18推が聴いてみたいです! ご本人も楽しんで収録されていたようですし(Twitter:えねかぷ研究所のインタビューより) 是非また出演してくださるのをお待ちしています♪



■同じタグのページ
・「えねみーかっぷりんぐ 1匹目:猫・嶺狛鈴 感想」
・「えねみーかっぷりんぐ 3匹目:狼・大神真 感想」


※こちらは通常版です。特典付はアニメイトかステラワースで。

ドラマCD えねみーかっぷりんぐ 2匹目:兎・宇佐優月
ドラマ 村野住人
milky chain (2015-02-10)
売り上げランキング: 7,253


関連記事



最新記事

スプレファク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。