FC2ブログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明治吸血奇譚 月夜叉 冲方 躁 感想です。 感想は↓の作品紹介の下からスタートです。



明治吸血奇譚「月夜叉」師走の巻 冲方 躁冲方 躁(CV:立花慎之介)

【発売日】2014年12月24日
【価 格】2,000円(税抜)
【シナリオ】恵莉ひなこ(エレファンテ)
【イラスト】悌太
【レーベル】Rejet
【あらすじ】夜叉の集う「黎明館」へと連れてこられた貴女。 「――おはよ。ごめんね、いきなり吸血ってて」 首に痛みを感じ目を覚ますと、躁が首に牙を立てていた。 恐怖を感じ、部屋に篭っている貴女の前に、大好物のカステーラが手に入ったから、おやつに付き合って欲しいと躁がやってくる。 断れずに、躁の言うとおりに台所へいくと、カステーラも紅茶も貴女の分はなかったのだった。 「あんたもオレのおやつなんだから、おやつに、おやつをわけたりはしないでしょ?」と言われ、貴女の指に鋭い牙を突き刺して――。



いやー今回も立花さんが楽しそうで(笑) 題材が題材なのでさすがに楽しかったとはコメントされてませんでしたけど、感情の振り幅が大きくいろんな顔を見せる躁をとっても素敵に演じられてました。さすが猟奇声優ですねw そして悌太さんの描くこの躁が好み過ぎます~♪



躁は軽くてテキトーでいじめっ子で嘘つき。そして工口くて享楽主義。 彼女をお茶に付き合ってと呼び出しながら一人でカステラと紅茶を楽しんで、あんたの分はないよ?とか、自分の血を捧げる事で他の人間が殺されずに済むなら、と彼らの元から逃げずに頑張っていた彼女をいともあっさり裏切ったり。 (Hを)しながら血を吸われると最高にキモチイイらしいけど、処女の血は特別美味しいからあんたとはヤらないとか(あ、これはありがたい事か。 私からすれば非常に残...w)

 

そして前期の想望三國志に引き続き、またも血ヘド係(笑) ゲホゲホ血を撒き散らしながら狂ったように高笑いしたり叫んだり、落差が大きい役を実にイキイキと演じられていますw 制作側からも「イっちゃってる感じで」とお願いされたようで、イっちゃってる立花さん、本当に素晴らしかったです。


「気づいてる?あんたは今俺を『人』って言った。夜叉じゃなくて、人って言ったんだ.....」


この台詞がターニングポイントでしたね。

Disc1はイキナリ意識のない彼女の血を貪るシーンから始まるし、Disc2は気持ち悪いほど甘く爽やかな台詞から始まるし、どっちの出だしもすごいインパクトでした。 Disc2になって過去の自分を知って欲しいと自ら話すくだりからは、立花さんの演技に圧倒されっぱなしになりました。役者ってすごい、という凡々な言葉しか出てこないのが悔しいです。


構ってちゃんで自己中で、迷惑な奴この上なくて。でもそうすればするほど、怖い・辛いって彼が泣いているようで。 普通に考えたら明らかに彼がおかしいんですけど、病むほどに切ない求めにほんの少~しだけ幸せを感じた私は、やっぱりダメ男に弱いタイプなんだろうなぁ^^;


「ねぇ....俺を好きになってよ。愛してるって、言ってみて.....」


公式のサンプルでも聴けるこの台詞に完全に捉われちゃいましたw


「あんたがこの腕の中で息絶えたら、この上なく幸せだろうな.......」


立花さんの吸血演技があまりにも凄すぎて、本当に貧血起こしそうでした。マジで。一聴の価値ありだと思います( ̄∇ ̄)



そういえばどのシーンだったか忘れてしまったんですが、前半の方で躁が「~を、がめて来た」って言うんですが、これって方言なんですよねw 「~を、盗んで来た」っていう意味なんですけど、こんな言葉はヤンチャ盛りの中高生くらいしか使わないので、気が遠くなるほど久しぶりに聴きました(笑) しかも作中であまりにもサラッと言い流してるので、これ標準語だったっけ???って一瞬w 舞台となっている地方の方言をシナリオに入れよう!って事なのかな? 同シリーズの他の巻にもあったかしら...今度探してみようっと♪



すぐにリピートできるほど軽い作品ではないのですが、演技に圧倒される感じをまた味わいたくなるほどに素敵なお芝居でした。 題材が重いので聴く人を選ぶ作品かもしれませんが、私はとても好きです!





各店舗特典や全巻購入特典につきましては公式サイトでご確認ください。

明治吸血奇譚「月夜叉」師走の巻 冲方 躁 CV.立花慎之介
沖方 躁(CV.立花慎之介)
Rejet (2014-12-24)
売り上げランキング: 16,613

関連記事



最新記事

スプレファク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。