上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いちばんときめく!CDシリーズ 四季彼氏 2nd Season:秋 のミニ感想です。 感想は↓の作品紹介の下からスタートです。




いちばんときめく!CDシリーズ 四季彼氏 2nd Season:秋(CV:岡本信彦)荻野目秋彦(CV:岡本信彦)

【発売日】2014年10月27日発売
【価 格】2,000円(税抜)
【レーベル】KADOKAWA アスキー・メディアワークス
【あらすじ】大学四年生で遊び人の秋彦は、家庭教師先の女子高生とこっそり付き合っている。はじめは遊び半分だったが、彼女の真摯さに少しずつほだされ……。




いつもの可愛いワンコみたいな岡本さんも好きですけど、岡本さんを初めて知ったのが某・碓氷拓海くんだったので、低音キャラをずっとずっと待ってました!それに前巻の木村良平さんの夏が結構キュンキュン出来て良かったので、この秋も期待してたんですけど....。岡本君のワルい男、メッチャ良かったですっ☆Σd(≧▽≦)


家庭教師先の家のお母さんとかにはすっごく愛想がよくて爽やか君で、世のお母さん達が「ウチにもこんな息子欲しいっ!」っていうような男の子なんですよねw でもひとたび親が退席して彼女と二人っきりになると、とたんに声のトーンが下がって


「俺が来るの....待ってた? 優等生ちゃんはホント素直だよねぇ。そんな素直だから....」

(チュッ)

「俺にこんな風につけ込まれちゃうんだよ?」

「可愛いなぁ.....オレのちっちゃなナイショの彼女は」



とか言いやがるんですよ!o(>▽<)o 岡本君に「.....いい子だ」なんて言われる日が来るとは! くはぁ~(〃▽〃) 



でも落ち着いてるとかカッコいいというより、クール&ダーク。


「金はあっても困るもんじゃないし、人間みたいに裏切らないしね」


とか、世の中を斜に見てるタイプ。 対する彼女は、いいとこのお嬢さんで真面目で純情で素直な子。 なので彼女にだんだん絆されていって最後には見解を改めるのかと思ってたら.....最後までこの性格のままでしたw 昔のある出来事がきっかけでここまで屈折してしまったが、実は人一倍繊細で傷つきやすい人.....というところまではよくある感じなんですけど、そんな簡単に考えや性格が変わっちゃうご都合主義なひねくれ者じゃありませんでしたw 



でも。
一見何も変わってないようでいて実は.....ものすご~く彼女に絆されまくってるんですよ(笑) そんな自分の内面の変化を楽しんでる節もあって。 結局はどっちの掌の上?っていう雰囲気のシナリオ、面白くていいですね~好きです(* ̄m ̄)


彼から彼女へのキスはいつも軽めのチュッ♪っていうのばっかりだったので、このまま軽い感じしかないのかな~と思っていたら、終盤にいいのがありました(笑) いつも受け身じゃなくて自分からしてごらん?って言われて彼女が初めて自分からキスするんですけど、彼女からのキスを受ける彼がもうとっても嬉しそうで甘~い♪ キスしながら喋る彼の様子がすっごくいいです~((o(≧▽≦)o))




「カワイイよ、すっごく。今すぐどうにかしちゃいたいくらい」

「大事にしたいものには本気でぶつかったら壊れる」

「ダメな男で....ごめんね?」





好みの展開のシナリオだし、待ち望んでた低音岡本君は期待以上に良かったし、会話の中に突然出てくる英語の台詞に吹き出しそうになったりもしてw 私はとっても楽しかったです!


だが碓井ラーブ(☆`・ω・´)


※同シリーズの他3作品の感想は下部の「四季彼氏」タグをクリックしてください。スマホ表示の場合は最下部の「このブログを検索する」からどうぞ。



アスキー・メディアワークス (2014-10-27)
売り上げランキング: 3,368


関連記事



最新記事

スプレファク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。