上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旦那以外 ~ひと夏の過ち~ 感想です。感想は↓の作品紹介の下からスタートです。


【18歳以上推奨】 性的描写がありますのでご注意ください。


旦那以外 ~ひと夏の過ち~佐々木理玖 (CV:四ツ谷サイダー)

【発売日】204年6月27日
【価 格】2,000円(本体価格)
【ブランド】BULLET
【シナリオ】緑山灯
【イラスト】吉巳
【あらすじ】同じスーパーで働く彼女に俺は恋してしまった。彼女の方が年上だし…結婚してるし……。恋愛対象とかそういう問題じゃなくて。なんていうか…正直、こんな気持ちが芽生えるなんて思ってなかった。
でも……俺は…今、彼女の事を一人の女性として見ていて。一線を越えることを望んでいる……。そしてまた彼女も……それを望んでいる……。理性や常識なんてとこかに消えてしまえば良いのに……。夏の暑さが……俺達を狂わせる……。とめどなく溢れる想いを絡ませ合う、あなたと理玖のひと夏の物語。
(ブックレットより)



日本全土を震撼させた(笑) あのCM動画からしばらくして、公式にUPされたサンプルボイスではいたって普通だったので、「アレ」はCM上の演出だったのかもしれない!と確信にも似た期待をしていたのですが.....。

携帯の予約画面を見せる事で、某アニ○イトさんの「店頭での商品名読み上げ」を回避する術を習得した私は、余裕ぶっこいて商品が運ばれてくるのをカウンターで待っていました♪ しかし奥から商品を持って現れたオネーサンに「こちらで宜しいですか?」と商品を見せられた瞬間、私の体は硬直しました。

『奥さん、俺・・・・・もう我慢できないよ・・・・・』とでっかく書かれたオビがΣ( ̄ロ ̄lll)

若い女の子が買うなら話のネタっぽくて済むかもしれないけど、実際中年オバサンである私がこのオビの付いた商品を手に取った図はシャレならねぇだろ.....と、今までで最大の羞恥とダメージを受けながら帰宅しました( TДT)


そしてしっかり本編にもありましたよ「奥さん」呼びw もうこうなったら、奥さぁ~ん(;´Д`)ハァハァ....で笑ってやる!って思ってたんですが、さすがにそれはなかったですね~残念(笑) 最中にもそう呼ぶシーンがありましたけど、そういう笑える感じじゃなかったので普通に聴けましたよw

余計な話が長くなりましたが、この作品は思っていたよりずっと淡々としていて真面目な雰囲気のお話でした。 笑ってやろうと思っていたのに笑えるシーンは全くなかったですね。色々ツッコミながら聴くつもりだったのにそれもほとんどできずじまいでした。

それは理玖くんがあまりにも穏やかでききわけのいい子だから。 精神的に彼の方がずっと大人で、彼女を諭すような接し方を終始していた理玖くんに、聴き終えた時は物足りなさを感じたくらいです。けれど彼の言葉をよく聴いてみると、そうではないことが分かって切なくなりました。




(以下より台詞等のネタバレありますのでご注意ください~。)




一番最初は理玖くんからでした。彼女はパート、彼はアルバイトで職場の同僚という間柄。彼は「音楽で喰っていく」という夢のためここでアルバイトをしながら空いた時間を練習につぎ込んでいる若者で、彼女に密かに思いを寄せていて。 いつまでも夢とか言ってちゃダメかな....と彼が悩んでいる時に、彼女が相談に乗ってあげたことがきっかけでアドレス交換をすることになるのですが、25歳という彼の年齢を聞いて自分がトシであることを気にする彼女に対し、


「あなたは綺麗...ですよ。結婚してるって知らなかったら、俺好きになっちゃったかも....なんてw」


なんか告白したみたいになっちゃったw.....とおどけながら言ったりして、彼女とどうこうなりたいという事ではないけれど自分の気持ちを知っておいて欲しい、という感じで彼女に接していました。


ある日、土砂降りの雨の中ずぶ濡れになって歩く彼女を見かけた彼は、とりあえず自分のアパートへ彼女を連れていくことに。色々気を遣ってくれる彼の優しさに、最初は泣いていた彼女も段々落ち着きを取り戻していきます。

心が弱っている彼女は、自分のことを気に入ってくれている彼の優しさについ甘えたくなっちゃったんでしょうね~。「今は好きな人はいない」と答えた彼に「私なんてどう?」というような事をポロっと言ってしまったようで、彼は「結婚してるのに本気で言ってんの...?」と焦ります。

この間は好きオーラを放っていたのに、彼がこの時「好きな人はいない」と答えたのは、自室で二人きりという状況できわどい発言をして妙な空気になるのを避けたからだと思うんです。傷ついた彼女につけこむようなことはしたくないという彼の良識。 けれど彼女の方はつけこんで欲しかった。だからあんな言葉を発したわけですが.....彼はこの言葉が気の迷いから来たものだとちゃんと分かっていて。

彼は自室の窓から見える月景色を彼女に見せて、月を見てると嫌なこと忘れられるよね、と彼女を宥め、「宿代」と言って軽くキスをします。


「この景色が見たくなったらいつでも来ていいよ。.....でも憶えておいて? 今回は初回なので特別お安くしておきますが.....次回はこういう訳にはいかないからね。 もし次回宿泊される際は、覚悟してきてね?」


けれど暫くすると再び彼女が傷つくような出来事が起こり、彼女は彼の家を訪ねます。 窓から見える月を必死で眺める彼女の頬は腫れ上がっていて、彼は「その顔はご主人がやったの....?」と訊くのが精一杯。


「.....どうしてあなたから笑顔を奪うようなことをするんだろう....」

「俺には正解が分らない。でも、あなたのこと抱きしめたいって思った。俺の想いはあなたを傷つけてしまう...かな。」



俺のこと利用していいよ、と言いながら口づけられて、そして......。




2人は一線を越えてしまうんですが、翌日には彼が「今日で終わりにしようね」って言うんですね。

この引き際の良さや「利用していいよ」という言葉なども相まって、一見すると興奮状態の彼女を落ち着かせるために抱いた、という感じがして、サラッと聴き終ったような気がしちゃったんですが.....よくよく聴いてみると達観したような言動の端々に本当に彼女が好きなんだという想いが表れていて。 彼女が不幸にならないために、どうすることが彼女にとって一番いいのかを考えて、今自分ができる最善を尽くしてくれた彼。 終わりにしようねって、淡々と彼女に告げたその直後、彼女を抱きながら零す言葉が切ないです(*ノД`。)



ものわかりが良すぎて、聴いているこちらが辛いw
この関係は間違っている、だから今だけ、傷ついた彼女が癒えるためのほんのひとときの「彼氏」として、自分はそれだけで充分だから....っていう彼の態度と、「今日で終わりにしようね」って告げた後の溢れ出る想いが.....うう。 題材が題材なので、彼を激情型にしてしまうとドロドロとした重い話になりますからねw これくらい淡々としていた方が聴きやすいとは思います。 

でも!もっともっと求めて欲しかった(笑) あなたが本当に欲しいんだ...!という激情を見せて欲しかったです。 あとは、「こういうの言わせたい」ってだけで入れられたんだろうなぁ~という感じの台詞があったのが気になりました。 すごく達観してるくせに「おれずっといい子でなんかいられないよ?」とか、「満月じゃなくても男は狼になるんだよ」とか脈絡を感じない台詞が何個かあって、その度に意識が現実に引き戻されたのが残念ですね。(全体的に古臭い感じがするのは意図的なものだと思います。 昭和な香りを出したいんだ!って意志が伝わってきましたw)

あと...この台詞にだけは物申す! ↓


「旦那さんと最後にしたの....いつ?」


背徳感を出そうとしたのかもしれないけどこの台詞はないわ~。すっごく引きました(;≡д≡;i)


ですが!四ツ谷サイダーさんは安定の艶っぽさです(= ̄∇ ̄=)  達観してますが年下設定なので最中はけっこう甘えたな感じで、可愛らしい感じのエロさですよ~! 途切れ途切れに紡がれる言葉の合間の洩れ声が......もうエロ可愛くて♪ 唾をのみ込むとことか、控え目で小刻みな吐息とかがすっごく色っぽくて堪らんです(≧∇≦) Hは2回あるんですけど、1回目が洩れ声メイン、2回目は喋りながらと、違うパターンのHでした。



「奥さん....俺、もう我慢できないよ.....!」

「イくときの顔、見ちゃった// なんで? なんか特別になれた気がして嬉しかったんだけどな」

「このまま時が止まってしまえばいいのに。そしたらずっと一緒にいられるのにね....」

「ほら、そんな顔しないで。 はい、手つなごう? 今日一日、俺はあなたの彼氏の理玖くんです♪」

「今、どのくらいいやらしい顔してるか自分で分ってる? ご主人とする時もこんな顔してたのかな.....いやだな。 俺の.....俺だけのならいいのに.....俺以外にはこんな顔見せないで....ね、お願い....ぜったい、ぜったいだからね....」




過ちなので彼らが結ばれる事はないのですが、ラストも割といい感じで纏まってて良かったと思います。どこかの漫画や映画でみたような王道な感じですけど、後味が悪くないので私は好きです♪ 

でも全体通してみると背徳感もドキドキ感も少し薄目で....。 決してつまらないわけじゃないんですけど、最初から最後まで淡々としてるっていえばいいのかな? 二人とも先がない事を認識しながらのHなので、激しく求めるって感じでもなくただ重なり合って通り過ぎただけって感じの二人でした。 後味悪くもないから聴きやすいけど、そうか~終わったか.....って感想ですね(笑) 

ハッピーエンドじゃないと聴き終った時気分が多少沈んじゃうので、私はこういうシチュの時は背徳の関係が続いていく....っていうところで終わりの方が好みですw でも密林さんでも評価高いですし、あまり重い気分にならずに背徳感と切なさとドキドキを味わうにはちょうどいい感じのCDだと思います^^


旦那以外~ひと夏の過ち~
四ツ谷サイダー
BULLET (2014-06-27)
売り上げランキング: 847

関連記事



最新記事

スプレファク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。