上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回から、自分が聴いたCDで個別記事に取り上げなかった作品の簡単な感想を、「ミニ感想」という形で書いていきたいと思います。 あらすじの紹介もなく思った事をただ書き連ねるだけのシロモノですので、簡単な読み物としてどうぞw 発売日や新旧関係なくUPしていきますのでご了承ください~(*^ ^*)

今回は

「どっちの彼が好きですか?Vol.1」(CV:鈴木達央)
「アバンチュール~禁断の一夜~vol.1義兄と妹」(CV:須賀紀哉)
「オズと秘密の愛 第二の鍵 チカゲ編」(CV:近藤隆)
「想望三國志 第弐計 曹操」(CV:中井和哉)

の感想になります♪



どっちの彼が好きですか? Vol.1どっちの彼が好きですか?Vol.1

【キャスト】 鈴木達央
【発売日】 2014年05月28日
【価 格】 2,000円+税
【ブランド】 キュピラボ


1人のキャストさんが全く違うタイプの2人のキャラを演じるCDです。シナリオは、いまどき小学生が読む漫画の方がまだキワドイよ!ってくらい健全でしたw 甘い言葉は囁いてくれますが、キスもフレンチキスのようなチュッ♪って軽めなのだけですし、耳元で囁くのもないです。 なのでキャストさんの両極端な演技を楽しむCDって感じです。

実は私は、鈴木達央さんがよく演じられる横暴でオレサマでワガママなキャラが本当に苦手で....(ノД`) 今回はそういうキャラじゃない作品だったのでちょっと聴いてみようと思って聴きました。


たっつん素晴らしい~☆Σd(≧▽≦) こういうキャラなら大歓迎ですヨ♪
 

「会計士の彼」は、大学生の主人公と会計士の彼です。幼いころよく遊んでくれた近所のお兄さんと10数年ぶりに再会して付き合い始めたのですが、妹扱いのままの彼に不満気な彼女....ってお話です。

彼はついつい昔と同じように彼女を子供扱いしてくるんですが、彼女と違って私は好きですね~こういうのw 優しく頭なでてくれたりしてとってもイイ感じ♪ それに時折イジワルさんだったりもして....たっつんが甘いっ(笑) こういう真面目でお兄さん的な甘さの達央さんは初めて聴きましたがイイですね!とっても聴きやすかったです(*^^*)

ただ、大人の雰囲気を出すためなのか、やたらバブリーで小洒落た感が漂う彼氏なのがなんとも....w ちょっと行動が気取り過ぎていて、古臭く感じるシーンもあったのが気になったかな^^;


「オタクの彼」は、二人とも大学生。彼のチワワっぷりがと~っても可愛いです! 重度のオタなんで(ギャルゲやってて寝過してデート遅刻とか、彼の誕生日にコスプレさせられたりとかw)言ってることもやってる事もアレなんですけど、彼女の事が大好きで、いつも一生懸命喋ってて、ぷるぷるしてて、ものすっごくカワイイ....♪

彼女はノーマルさんなので、そういう世界の事は全然知らないんですけど、彼が一生懸命説明したりしてて温度差がすっごく可笑しいんですw 温度差と言っても彼女はただ単に知らないだけで、彼の趣味を理解しようとしてる感じのいい女の子みたいなので、そのあたりも微笑ましくてよかったですね~^^

しかも!気弱でオドオドしてるくせに、チート野郎だったんですよ~カレ(笑) ベタなんですけどそのシーンも楽しかったですね~! 達央さんの「ちょっとチワワでオタだけど気が優しくて力持ち♪」な彼、すごーく良かったです(≧▽≦)

私はオタクの彼の方が好きです~♪


詳細は公式サイト
Amazon.co.jpで詳細を見る





アバンチュール~禁断の一夜~ vol.1 義兄と妹アバンチュール~禁断の一夜~vol.1義兄と妹

【キャスト】 須賀紀哉
【発売日】 2014年05月30日
【価 格】 2,000円+税
【ブランド】 Stanetto


穏やかな時間が流れる田舎の情景を交えながら、妹のちょっとしたしぐさや一言に徐々に心を揺さぶられていく兄の様子を上手く表現した作品です。

その「一夜」に向かって、兄と妹の間に流れる空気が少しづつ変化していくのがしっかりと描かれているので、状況を想像しながら聴くと二人のドキドキ感や緊張が伝わってきて楽しめる作りになっていると思います。

すごく良かったっていう感想も多くお見かけしたのですが......私にはちょっと合わなかったですね〜^^;


その一夜に至るまでの5日間にお話に大きな動きがなくて、心情の変化も少しづつだったので、途中でちょっと飽きてしまってw

それと、妹のほうが押せ押せな感じで、兄がずっと引いてるというスタンスがあまり好みの展開ではなくて...。 こういう駆け引きモノは、男のほうが思いを募らせて押してくるほうが好きです♪


ENDも二人が別れなければならない程の強い理由だと思えなかったので、自分の中ではちょっと消化不良気味でした。 現代日本が舞台だと悲恋ENDはリアル感が出しづらいですね^^; ベタですが時代背景とか身分差とか大きな障害がある方がわかりやすくて好きなので、悲恋はファンタジーや歴史モノの方が似合うな~と思います。

....というか、ぶっちゃけハッピーエンドが好きなのよっ( ̄∇ ̄)

でも須賀紀哉さんはとっても素敵でしたよ!お兄ちゃんらしさも、男としての切羽詰まった感じも、悩んだ末のアバンチュールも、感情の起伏が細かい部分まで伝わってきてすごく良かったです! やっぱり須賀紀哉さんの声と演技大好き〜♪ 

お話の展開や進み方がお好みに合う方であれば、須賀紀哉さんが素敵なので是非オススメしたい作品です(*´∀`*)


詳細は公式サイト
Amazon.co.jpで詳細を見る





オズと秘密の愛第二の鍵チカゲ編オズと秘密の愛 第二の鍵 チカゲ編

【キャスト】 近藤隆
【発売日】 2014年5月28日
【価 格】 2,100円
【ブランド】 Rejet


マジックを披露しておひねりで生計を立てていたチカゲは、彼女が突然現れたことでお客さんが帰ってしまい、今日の稼ぎがなくなったことに怒り出します。「この償いは体で払ってもらう」というチカゲに彼女は連れ帰られてしまいますが、掃除すら満足にできない彼女を見て、何でもすぐに出来るため努力などした事のないチカゲはイライラが募るばかり。 何でも器用にこなせて羨ましいという彼女の言葉に、チカゲは怒りを露わにして....というお話。


近藤さんメチャメチャ良かったですっ♪ やっぱり近ちゃんはテンション↑系のキャラより心の深くに何かを残すような役の方が、声のトーンも落ち着いてて断然イイですね~!

やっぱりこれもRejet作品なので、出だしの態度は悪いですw 何事に対しても口癖のように「めんどくせえ....」と繰り返して、ひどくイラついていて。 でも時折見せる、相棒のウサギへの態度がものすご〜く可愛くてそのギャップが楽しかったですし、イラついて八つ当たり気味ではあるものの、酷い扱いは受けなかったので全然大丈夫でした。

そしてDISC2に入って彼が心を開いてくれてからは、もう本当に甘くて優しくて!d(≧▽≦) 余りにも幸せすぎて、解ってはいてもその後に待つ展開がイヤでしかたなかったですね〜。

でもそのシーンが本当に素晴らしかったです.....! 何でもない事なんだよ?って言い聞かせるような普段通りのトーンの中に、微かに切なさの滲む語り口は絶品でした....♪

心に沁み渡る優しくて切ないチカゲの言葉に、目頭がが熱くなってしまって堪えるのに必死でした。゚(゚´Д`゚)゚。

近藤さんの演技あってこそですね! 切ないけど優しい気持ちになれるEND、本当に良かったです♪


詳細は公式サイト
Amazon.co.jpで詳細を見る





想望三國志 第弐計 曹操想望三國志 第弐計 曹操

【キャスト】 中井和哉
【発売日】 2014年05月28日
【価 格】 2,100円
【ブランド】 Rejet


ほんっと~にイヤなヤツで、イヤホンぶん投げそうになりましたw 偉いからって思い切りエラソーで、横暴で、人を人とも思わない人間として最低な男でした。まぁそういう時代ですし、あの曹操ですし、Rejetさんですからねぇw 想像つくでしょと言われればそうなんですけど...。 奴隷扱いで、食事をお情けで喰わせてやると言われて、食べようとしたら床に全部ぶちまけられて、床に這いつくばって汁一滴残さず全て舐め取れって高笑いですからね!(`Д´) それでも中井さん大好きだしDISC2は甘くなるはずだから!と頑張って聴きました(笑) 

途中、褒美に何でも願いを叶えてやると言われるんですが、主人公は奴隷からの解放を願わなかったんですね。曹操が何故かと問うと主人公は「貴方が落ちぶれて苦しむ姿を見たいから」とw そして不遜で傲慢な彼にもとうとうその時がやってきて.....ケチョンケチョンになった彼の様子に思いっきりザマーミロ!って叫びましたよ~私(笑)

そうしたらいくらかスッキリしたのか、そこからはこの暴君がなんとなくかわいく思えてきましたw その頃にはすっかり曹操からの信頼も厚くなって.....最終的には肩書きは奴隷のままなんですけど、彼の中で「なくてはならない存在」にまで昇格するんですよね♪ 本当の意味で彼を懐柔できた感じで、悪くない終わり方でした(o ̄▽ ̄o)

それでもDISC1のあまりの酷さを考えるとDISC2の甘さくらいでは、とてもトントンとは言えないなぁ~と思いながら本編を聴き終ったのですが、その後のキャストトークがすごく良かったんですよ~! 中井さん、ご自分のキャラなのに思いっきりサイテー呼ばわりしてくれて、とっても常識人なトークを聴いていたらどんどん気分がスッキリしてきたんですよね(笑) やっぱり中井さん素敵だなぁ~(≧∇≦)

キャストトークはネタバレらしきものもなかったので....私は今回に限ってはキャストトークからこのCDを聴き始めるのもアリかな?って思いました。 私は普段キャストトークを先に聴くことはないんですが、今回最後にこのトークを聴いてみて、中井さんのこのキャラに対する想いとかを先に聴いてから本編を聴けば、あの酷い態度も演技の一環として冷静に楽しめるかも、と思ってw もしこれからお聴きになる方で曹操の酷さに耐える自信がない場合は、トークを先に聴くという選択肢も悪くないかもしれません^^


詳細は公式サイト
Amazon.co.jpで詳細を見る
関連記事



最新記事

スプレファク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。