上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガールズセラピスト case.03 花城藤牙 感想です。感想は↓の作品紹介の下からスタートです。


【18歳以上推奨】 性的描写がありますのでご注意ください。


ガールズセラピストcase.03 花城藤牙花城藤牙(CV:土門熱)

【発売日】2014年5月28日
【価 格】2,000円(税別)
【レーベル】milkychain
【シナリオ】柚佐りくる
【イラスト】アオイ冬子
【プロデューサー】瑛理楴花
【あらすじ】町で流れるちょっとした噂。「世界には女性を幸せにするために活動を行う男性の組織があるらしい その組織の名前は『ガールズセラピスト』」突然招かれた試験に受かり、セラピストとなった三人。より多くの人の女性の幸せのために考え過ごす中、ちょっとしたきっかけで、たった一人の幸せを考えるようになる。そんなセラピストと大切なあなたが作る幸せな恋の話---。



今回のブレスレットは藤牙くんの性根を叩き直すためのアイテムとして活躍したのですが、ガルセラ組織の怪しさが半端ないです! この技術があれば洗脳とかもできちゃうかもよ?ってくらいヤバいですが、その全貌はついに明かされることはありませんでした(笑)

元々お話に動きを出すためだけの設定だと思うので、もう細かいことは気にせず行きましょう♪ ブレスレットは今回、3作の中で一番話を大きく動かすのに役立ってくれて、起承転結があってとても楽しかったです!(突拍子もなかったですがw)

今回も聴かれる方の好みによって感想に大きく差が出そうですが......カンペキ自分目線ですみません!今回は自分的にすっごく萌えましたっΣd(≧▽≦)

テキトーに生きてる男が、最初は俺得のために動いているのが、次第に彼女に惹かれて改心するお話なんですが、最後にはワンコみたいに懐いてくれちゃうんです(※小型草食犬ニアラズ) その流れがすごく好きで♪ それと、Hで彼が彼女に攻められて悶えちゃうシーンがあって、それがまた大好物なんですよ〜!しかも大好きな土門熱さんで(*´∀`)

なのでキャストも物語も工口も自分の好き要素だらけで、ものすご~く楽しんじゃいました! でも資格や組織の件が投げっぱなしになっているので、それが気になって仕方ないという方や、いいかげんな男が苦手という方、男の喘ぎに全く食指が動かないという方には、ちょっと向かないかも。細かいことにはこだわらなくて、攻められワンコ(大型)好き属性をお持ちの方は楽しめるんじゃないかな~と思います♪



それでは以下よりもう少し詳しくご紹介します。台詞等ネタバレありますのでご注意ください^^




主人公が気晴らしにお酒を飲みたくて飛び込みで入った路地裏のバー。そこのバーテンが偶然にも中学時代の同級生だった事からお話は始まります。超マジメな優等生だったのが嘘のように変わってしまった彼に、彼女は全く気付きませんでしたが、彼の方は最初から気付いていたようです。

付き合っていた男にふられて落ち込んでいるという彼女に、実は俺ガルセラだから俺がお前を幸せにしてやるよ、とか言い出した藤牙。とりあえず付き合うか!なんて軽く言われて彼女は驚きますw 彼が突然そんな事を言い出したのは彼女のためという以外にも理由があって....。 彼の持っているブレスレットは持ち主のいいかげんな性格のせいでこの時点ですでに黄色なんですねw それでブレスレットが黄色なのはセラピスト的にマズイから、誰かを幸せにして青に戻さなきゃならないというのです。


「....というワケで、俺にとって今のお前、ちょうどいいんだよ。 だから、な? 頼むよ。幸せにさせてくれ」


素晴らしいダメ男っぷりですね! こんなヤツに資格取らせた組織の基準を疑いますw ちなみに彼がガルセラ資格を取ったのは、自分試しと客との話のネタのためだったらしいですが、彼によるとガルセラは「厳しい審査と試験をクリアしないと合格できない特殊な資格」なんだそうです。 vol.1の天岸さんは、「筆記というよりアンケート、それと面談で普段思ってる事を話すだけ」と言っていたんですけどねw

彼のダメ男っぷりはこれに限らず随所に描かれているのですが、遅刻や言い訳など、とにかく責任感が乏しくルーズなのが目につきます^^;



それから店に行く度に藤牙は付き合おうと誘ってきます。恋愛に真面目な彼女に対し、気楽な恋愛も経験しといた方がいいと言う藤牙。二人の考え方が正反対なのが浮き彫りになっています。

んじゃとりあえずデートしよう!と言われ遊びに出かけた二人は、帰りに定休日のバーに寄り、彼の新作カクテルの試飲をすることに。彼女はここで、真面目だった藤牙が流されるまま適当に生きるようになってしまった経緯を知ります。

そしてお試し期間は手を出さないと言う条件付きで付き合うことになった二人。 キスは手を出したうちに入らないと藤牙に言いくるめられてしまい、しばらくキスのみのお試し恋愛が続くのですが.....そんな状態で男がいつまでも持つわけもなく、ある日雨に濡れた彼女の姿に煽られて、


「もぉダメだ。そんな顔されたら、我慢の限界.....」


と、藤牙はお試しの終了を提案します。

ここに至るまでの藤牙の様子を聴いていると、相変わらず生き方に対しては適当な考えのままなんですけど、彼女への態度は少しづつ真剣さが増していくんですよね~♪ それに彼が本当は寂しがり屋の甘えん坊だというのを知ったのもあって、チョイチョイ出てくるいいかげんな台詞や態度も全然憎めなくてw

そして聴き手と同じ思いであろう彼女も、彼の提案を受け入れます。


「こら、逃げない。俺の指の動きに集中して...」

「そんな可愛い声出されると堪んないな....もっと聴かせて」

「耐えてる顔もそそるけど.....そう....そういう顔も色っぽいぜ....」



土門さんの言い回しや息遣いがやたら工口い!! なんていうか....すっごく気持ちよさそうな声出すんですよ、このヒトw それがとっても扇情的で(*/∇\*) 耳元での囁きもとんでもなく色っぽいし、言葉でもかなり煽られるんですが、普段言葉攻め苦手なのにヒジョ~に萌えてしまいました♪

でも藤牙くんの初回Hはまだまだ相手を思いやるには程遠く、んん?となる台詞もチラホラw なので警告信号が発せられているんですが...彼はそれに気づきません^^;

そしてそのまま、人肌感じて眠るの好きって言いながら寝落ちする藤牙。チャラくて自分勝手で....でも寂しがり屋で可愛い男ですねぇ♪



そうして正式に付き合うことになったのですが、生活態度にはなんの改善もなく、仕事に対してもいいかげんなことばかり。真面目な彼女が諭そうとすると、イラついた藤牙は余計なひと言で彼女を傷つけてしまいます。泣き出した彼女に慌てて謝るのですが、そんなさなか激しい頭痛が藤牙を襲います。

彼女を傷つけ泣かせてしまったことにブレスレットが反応して赤に変わってしまったのです。それに連動して激しい頭痛が起きていて、このままだと資格はく奪どころか、記憶まで消えてしまうと焦る藤牙。


「昔の記憶とかそんなのどうでも良かったけど.....お前と再会したことや一緒にあちこち行ったこと全部忘れるなんて嫌だ! 絶対忘れたくない! 俺っ....お前のこと好きなんだよ!!!」


.....お釈迦さまと悟空?
いやいやそれすらも真っ青なブレスレットの威力w vol.2で記憶がアワワ...って言ってたけどこの伏線だったんですねぇ~。

トンデモもここまで超展開だと楽しくなってきちゃうんですよねw 彼女を好きだっていう本音も、忘れたくないっていう必死の懇願も聴けたし、このシーン妙にテンションあがりましたv(≧∇≦)v




続きは是非お聴きになってみてください♪
お話のネタバレはここまでにしておきますが、コレを境に藤牙くん、改心したばかりかワンコ街道まっしぐらになりますw (ワンコと言っても大型肉食系ですよ〜ムフ♪ ) あんな限界ギリギリの大告白しちゃって、もうカッコつける必要もないし、あの告白で自分の気持ちもはっきり認識できたんでしょうね~、彼女に対してすっごく甘く、可愛くなっちゃいます^^


「好きだよ....すっげぇ好き。こんな言葉で喜んでくれるなら、いくらでも言ってやる。俺はお前が好きだ。この唇も、首筋も、胸も....ぜぇんぶ好き。こういう独占欲って自分にはないもんだと思ってたんだけど....自分でもびっくりした。....好きだよ」


そして対の片方がこうなると、もう片方も変化するのが世の常w 最初のHでは主導権は明らかに彼にあって、経験豊富な藤牙が彼女を可愛がる感じだったのですが、今回はいよいよ彼女のターン! ←あ

彼女が舐めてくれるんですが、もういいよって言ったのに彼女は全然やめませんw 彼女は根元を押えたあげく、追い上げては寸止めの繰り返しという高等テクを行使。


「そりゃっ....そんなトコ掴んでたらイけないに決まってんだろ....んあっ// この寸止め....結構キツ.....っ」

「ん...な強く吸うなって...うあっ....敏感になってんだか、らっ.....!」

「もぉそろそろ止めるかイかせるかしろって....あ、んんっ」



うは~もう堪らんです~! 土門熱さんのこういう声すっごく好き♪ 最後にはホント~に切なそうに「イかせて.....っ」って懇願してくれちゃいますっ(≧▽≦)ノ

この寸止めプレイ丸々3分間続くんですけど、プレイの間じゅう土門熱さんの喘ぎ声が楽しめますw とっても可愛く啼いてくれてますよ♪ 続くその後はもちろん藤牙くんのリベンジ...じゃなくって甘いHですw でも攻守逆転しても藤牙くんの喘ぎが工口かわいいのは変わりません♪ (このシーンの土門さん好き過ぎてすごく偏った感想になってます....ごめんなさいっ!)

そして今回のHシーンってなんかやけに臨場感ある気がします。キャストさんの息遣いが上手なのもあると思うのですが、それ以外にもダミヘの位置の指定が上手いのか、すごくライブ感が強い気がw あと台詞も新鮮な感じのするものが多くて聴いてて楽しかったです♪



学生時代仲の良かった同級生と久しぶりの再会でお試し恋愛っていう距離感が楽しかったです。気のおけない男友達と身体の関係に発展するむず痒い感覚、そこから愛情を持つに至るまでのプロセスがいいですね。 この後もお話は続くんですが、彼のブレスレットは最後まで青にならなかったんです。それも良かったですね~。安易に青になっちゃうと面白くないな~と思っていたので。なかなかいいラストでした♪


シリーズ通してみると三者三様、雰囲気もストーリーも違って面白いシリーズだと思いました。 1は自分に合わなかったですが、バリエーションとしてはいい感じに揃ってると思います。あとは非日常的な設定が受け入れられるかどうかですが、この3は特にその色が濃いので苦手な方はご注意ください。 私は楽しければ何でもいいほうなので気になりませんでしたv (というか試験も組織もブレスレットの能力も、巻を増すごとにどんどん壮大になっていくのが笑えます。 こういうノリ嫌いじゃないですw)

本当にもうRiversibleといいこのガルセラといい、攻められ土門さんが続けて聴けて、まさに至福の時でした(笑) 土門さんは低く抑えた寡黙キャラより、ワンコキャラ演ってるほうが断然好きなので、求めていた土門さんを聴く事が出来て本当に幸せです♪ 制作関係者様、キャスト様、願いを叶えてくれてありがとう~(*^^*)


.....でもやっぱり組織の内部が気になるなぁw


■同じタグのページ
・ガールズセラピスト case.01 天岸雲英 感想
・ガールズセラピスト case.02 良永真如 感想


※こちらは全巻購入特典がありません。全巻購入特典は、アニメイトかステラワースかオフィシャルのいずれかで。

ドラマCD ガールズセラピスト case.03:花城藤牙
ドラマ 土門熱
milky chain (2014-05-28)
売り上げランキング: 1,284

関連記事



最新記事

スプレファク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。