FC2ブログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

制服の王子様(オジサマ) After Happyend 3 警官のオジサマ・羽山正太郎(48) 感想です。感想は↓の作品紹介の下からスタートです。

制服の王子様 第3巻(CV:松本保典)羽山正太郎(CV:松本保典)

【発売日】 2014年1月29日
【価格】2,000円(税込)
【レーベル】マッドボックス
【ディレクター】ササキムリ
【シナリオ】ハラダサヤカ
【イラスト】千代子
【あらすじ】
かつて迷子になった自分を迎えに来てくれた羽山に憧れて、警察官を目指している主人公。羽山は主人公を応援しつつ、刑事課への転属準備に追われ、忙しい日々を送っている。付き合い始めて半年ほど経った二人だが、兄妹の様な関係が長かったせいか、イマイチ恋人らしくなりきれない。そんな中、羽山が「あいつは恋人という感じがしない」とぼやいているのを耳にした主人公は、ショックを受けて……。(公式サイトより)



「壊しちまいそうで怖いんだ。俺は.....お前に触ってもいいのか」


結果から先にお伝えしますと、今回もす~っごく良かったです♪ ブックレットのキャラ紹介に「デリカシーがない」ってあるんですが、ほんっとーに大雑把でデリカシーのないオッサンでした(笑) でもそこがとっても愛しいオジサマです♪

元来大雑把な性格の上、主人公とは長年兄妹のような関係だったせいもあって、なかなかそういう雰囲気に進展しないんですけど、それが災いして二人の間に問題が持ち上がるんですね。その問題をいざ乗り越える!っていう時の羽山のうろたえぶりというかぎこちなさが、と~っても可愛くて♪

個人的にはあとほんの少しだけ羽山に色気があってもいい気がするんですが、いいトシしたオッサンの少年のような心情と、羽山特有の思わず笑っちゃうようなお笑いポイントがメリハリ効いててとっても楽しかったです(*^▽^*)



以下より台詞・ストーリー等ネタバレあります。ご注意ください♪





羽山は面倒見の良い明るい性格で、地域の人々からとても好かれているおまわりさん。主人公が幼い頃から見守ってくれていた兄のような存在だったのですが、羽山が問題に直面した時、主人公が支え続けてくれたことがきっかけで、半年前に晴れて恋人同士に。

しかし家族ぐるみの付き合いをしてきて長年兄弟のような関係だったせいか、羽山はイマイチ恋人らしい態度が取れない様子。事ある毎に彼女が小さかった頃の話を持ち出して茶化したり、頭をウリウリと撫でたりと、デリカシーのない態度が目立ちます。


「昔っからこんなにお前の事可愛がってんだから。よーしよしよしw ....アレ?お前ちょっと...カオ丸くなった?」


彼女はそんな羽山の態度がちょっと不服そうですw しかし羽山に憧れ同じ警察官を目指している主人公は、もうすぐ刑事課に転属になる羽山がその準備と交番勤務で忙しいのが分っていて、普段はあまりワガママや彼を困らせるような言動はしないようです。でも来月の羽山の誕生日は、付き合い始めて最初のということもあってか、彼女は二人でお祝いをしたいと言って。羽山もとても嬉しそうで、二人は誕生日の約束を交わします。

普段忙しくてあまり会ってやれない事を謝り、彼女に軽いキスを落とす羽山。いつも茶化すような態度の彼との滅多にない甘い展開に、彼女はもっととおねだりをするのですが....キスをしているうちに止まらなくなりそうになったのを、必死で堪える羽山がメチャメチャ可愛いですw というか、なぜそこで止めるーーー!と悔しがったのは、私だけではないハズ ヽ(`Д´;)ノ 


それから1か月、通常勤務と転属準備に追われた羽山が忙しかったせいである大失態を犯すのですがw それが元で彼女が傷つき、羽山の元を飛び出して行ってしまいます。 彼女の居場所をどうにか探し当てるも、普段ワガママを言わない彼女が感情を抑え切れず、別れた方がいいとまで言い出して.....?





羽山が犯した大失態に加えて、何気なく放った一言が彼女を傷つけてしまうのですが、ホント大雑把すぎるよアンタw でも別れると言った彼女に 「お前...本気で言ってんのか。おい!俺を見ろ!」 って声を荒げた時は、普段とのギャップにドキドキしちゃいました♪ その後泣き出した彼女を見て狼狽える可愛さも、お約束の萌えポイントをしっかり押さえてあります(〃∀〃)


二人が本音を通わせた後、いよいよ一線を越えるという一連の流れでは、本当に自分でいいのかと戸惑うキュンを見せたかと思えば、女として触れて貰えない不満を打ち明けた彼女に 「はしたないこと言うんじゃありません!」 と、お前はオカンかっ!ってくらい笑わせて貰ったりと、メリハリが素晴らしいシーンとなっておりました(笑) 


年齢推奨作品ではないので最後までの描写はありませんが、いや~可愛くて優しくて甘かったですねぇ~(=´▽`=) なんかどこかを食みながらね! 「ヤバイ....この状況で昔のお前の事想い出すとなんかすげぇ~悪い事してる気になる」とか、「して欲しいこと言ってみろ」とか、昔から知ってる者同士特有の空気感っていうのかな、変な緊張感がない優しいシーンに仕上がってます。だけど吐息や洩れる声は艶っぽくて、切羽詰まった感じの羽山がとっても愛しく感じたり♪ どちらも味わえる素敵な場面になってると思います♪


眠る彼女に囁きかける本音トラックは、羽山の独白が優しくて可愛くてちょっとだけ切なげで、聴いてるとと~ってもくすぐったい気分になってきます^^ 翌朝のイチャイチャトラックは本音を隠さなくてよくなった羽山の、オヤジで変態チックな部分が垣間見えたり、バカップルぶりを披露したりしてますw


フリートークは『羽山の不器用さを可愛いと思って貰えたら嬉しい』と仰ったり、飾らない言葉で質問一つ一つに丁寧に答える松本さんの人柄が窺えて、とても楽しく聴くことができました♪



「...違う!トシの問題でも体力の問題でもねぇ。....経験がないわけでもねぇよ」

「お前....ほんとうに自分が言ってる事の意味、判ってるか。好きな女にそんな風に言われたら、いくら俺でも帰してやれなくなる。....触っても、いいんだな?」

「後でな....悪ぃ。もう....もたねぇ」




松本さんの優しい声と演技が以前からとても好きです♪ 松本さんはほんっと~に大らかでお人好しさんを演じるの、上手ですよね! 私の中ではハガレンのハボや速水さんのS.S.D.Sが印象深いですが、外画吹替えやナレーションや舞台など、とても幅広く活躍されていて、「役者」ってイメージのとても強い方だなぁ~と思います。松本さんのシチュCDって知る限りこれが初なので、とっても嬉しいです~!

やっぱり今回もシナリオがすごく面白かったです!ただちょっと気になったのが、聴き返しの回数。前二作より回数が多い気がします。自分は気にならない程度なんですけど、気になる方はご注意ください。 気付いたところはそれくらいで、シナリオ全体は今回も王道のポイントを押さえてあって、いっぱいドキドキ・キュンキュンできました♪ 松本さんご本人もキャストコメントで仰っていますが、本音とテレの境目の表現がとっても細かくて、オジサマって可愛い~!って思える素敵な作品です。メーカーさん、松本さんをキャスティングしてくれてありがとう~♪満足です(⌒▽⌒)



■同じタグのページ
・制服の王子様 After Happyend 1 白衣のオジサマ・松本悠一(53) 感想
・制服の王子様 After Happyend 2 バーテンダーのオジサマ・立原志麻(45) 感想


※全巻購入特典の詳細は公式にて。

制服の王子様 After Happyend 警官のオジサマ・羽山正太郎(48)
松本保典
インディーズレーベル (2014-01-29)
売り上げランキング: 747
関連記事



最新記事

スプレファク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。