上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマCD Sweets Blossom 純也編 感想です。感想は↓の作品紹介の下からスタートです。

【18歳以上推奨】 性的描写がありますのでご注意ください。


Sweets Blossom 純也編(CV:青島刃)高坂 純也(CV:青島 刃)

【発売日】2014年1月15日
【価格】限定盤 2,415円/通常版 2,100円
【ブランド】milky chain
【シナリオ】ひよ
【イラスト】つきのおまめ
【あらすじ】
有名スイーツ店「ル・シエル・ブルー」で働くあなた。ある日、バイク故障で立ち往生していた雑誌記者の純也を偶然助けることに。何かお礼をしたいという純也に、あなたは店のケーキを食べにきて欲しいと告げる。意外にもケーキに詳しい純也と少しずつ交流を深めていくあなただったが・・・。(ブックレットより)



ふっ...ふふふ。青島さんのシチュCD、ずっと待ってましたよ~(*^m^*)

脚本がひよさんで、同シリーズの前2作はどちらもと~っても面白かったので、シナリオに関しては何の心配もしてませんでした。気にしていたのは青島さんがどう出るか(笑) 彼をご存知の方はお分かりかと思いますが、青島さんは演技もご本人もとても特徴のあるお方なのでw 今回はどんな感じでくるのかな~?ってとっても気になってました。

蓋を開けてみれば、想像していたよりもずっと爽やかでとても素敵な青年でした♪ 拍子抜けするくらいスッキリとしたいい感じの男で、青島さんの特徴的な雰囲気は極力抑えられてるなぁ~とちょっとだけ寂しく思っていたら.....そういうシーンでは青島節がしっかり炸裂していて、これがなくちゃ青島さんじゃないよね~♪と安堵しました(爆)

結果、お話はすっきり纏まって面白く、青島さんの爽やかでイイオトコな演技と、期待していた青島節もしっかり堪能できて、とっても楽しく聴くことができました♪ そして何故かこの作品は、本人編ではダメダメだった氷上京市の株がやたらと上がるCDでした(笑) 



以下よりストーリー・台詞等のネタバレあります。ご注意ください~♪




「どこかで会ったことがないかなんて、男に簡単に言うもんじゃない。しかもお前みたいな可愛い子が言ったら、みんな勘違いするぞ?」


主人公ちゃんが出勤のため店へ向かって歩いていると、男性に声を掛けられます。彼はバイクが故障して携帯も忘れて困っていたらしく、電話を掛けたいので携帯を貸して貰えないだろうかと頼んできます。主人公ちゃんが快く貸してあげたことで彼は修理会社と携帯を置き忘れた先に無事連絡することができたのでした。

高坂純也と名乗った彼は何かお礼がしたいと申し出るのですが、主人公ちゃんが店にケーキを食べに来てくれればそれでいいと答えると.....それから毎日ケーキを食べに来るようになってw 一週間近くも通い続ける彼に真意を訪ねると、店ではなく君個人にお礼がしたいからお茶に付き合ってくれと言われ、二人は一緒に出掛けることになります。

フリーライターをしているという純也は色んな記事を手掛けてきたらしく、彼女の働く「ル・シエル・ブルー」の事も知っていました。彼女がオーナーの氷上目当てではなくあの店のケーキが好きで働いている事や、いかにあの店のケーキが美味しいかを語る姿を見た純也は、なぜかとっても嬉しそうで....同時に羨ましそうでした。今の仕事が好きではない事、叶えたかった夢を途中で諦めた事などを語る彼は少し辛そうで、まだ諦めきれていないのかもな...という自嘲気味な態度が気にかかります。

その帰り道にも彼女は、以前どこかで純也に会ったことがある気がする、としきりに気にします。 そういう(気を持たせかねない)事を言うな、と遠回しに忠告しても彼女は一向にやめる気配はなく、とうとう純也は


「だから、誤解するって言ってるだろう.....こうしてもいいんじゃないかって....っ」


と、彼女の唇を奪います。


このシーンいいですね! 『どこかで会った』っていう言葉は彼女の純粋な疑問なんですが、純也もそれを解ったうえで再三「誤解するぞ?いいのか?」って相手との距離を測ってるんですよね。それが聴こえていながらも止めようとしなかった彼女も同じ状態だったんだと思います。純也が奪った形になってますが、あれは互いの駆け引きの結果の、両者合意のキスでした(〃∀〃) でもこの時は、お互いの気持ちを言葉にして確認するところまでは至らず...。



そんな微妙なやり取りがあった翌日、彼女は『ある事』に気付き、その話をしようと純也を食事に誘うのですが、待ち合わせ場所に現れた純也はかなりの怪我を負っていて...彼女は食事をキャンセルして彼の家で怪我の手当てをすることにします。

手当てが済んだあと部屋の片づけをしていると、オーナーの氷上が女性と密会しているような写真が彼女の目に留まって。この写真を使ってスキャンダル記事を書いたら面白そうだという純也に、彼女は必死になって氷上を擁護します。その様子を見た純也は、


「俺に抱かれたら、この記事を出版社に売らないでやる....どうだ」


と言葉を投げつけ....彼女はその交換条件を飲むことにします。



だからあの時きちんとお互いの気持ちを確認し合っておけば、こんなことにはならなかったのに(笑) 仕事や感情の不甲斐なさからくる純也の八つ当たりですw 本当は彼女がそんな子じゃないって解ってるのに、あまりにも氷上の肩を持つもんだからヤキモチ妬いちゃうんですよね♪ またしても純也が汚い手を使って彼女を自分の物にしたような形になってますが、彼女も純也がそんな人じゃないって実はとっくに解ってて交換条件を飲んでるw だから口では冷たい事を言ってても、純也はとっても愛しそうに気遣いながら彼女を抱いてるし、交換条件でしかたなく抱かれているはずの彼女も、とても気持ちよさそうなんですよね(〃∀〃)


この二人は腹の探り合いをしながらじゃないと関係を深めていけないのかっ!?って思わず突っ込みたくなりましたが(笑)、こういう駆け引きシチュって大好きですね~。聴いててすごく楽しいです♪   


そして八つ当たりの上こんな事をしてしまった純也は、彼女に会わせる顔がなくて連絡を絶ちますw しかし彼女はこの間気付いた『ある事』について話したくて彼の元へ行き励まそうとするのですが、それを彼女に知られた純也はもっと自虐的なってしまい.....。




「諦めてしまった夢の話を笑ってできるくらい、大人になれればいいんだけどな」

「さすがに出会ったばかりの男に、家を知られるのは嫌だろう?....ははっ、すまない。今のはちょっと意地悪だったな」

「お前、俺の事をどう思ってる?...いや、いますぐ答えなくてもいい。.....おやすみ」





今回のシナリオすごく面白いですね~!シリーズ全部面白いんですけど、今回は特にお互いの感情の揺れ動きが大きく描かれてて聴き応えがありました。彼女の気持ちの変化も今までで一番はっきりしてて分りやすくて、シナリオ的には3作の中で一番好きな展開でした。

純也は怪我の手当ての時に、今の仕事を嫌忌している事を洩らすんですけど、『ある事』に気付いていた彼女は、純也がなぜ氷上のスキャンダル記事に固執したり自棄になったりするのか、何となく分かっているんですよね。そしてその頃にはもう彼女の心は決まっていて、一生懸命彼を励まそうとして。 このシリーズの主人公ちゃんはどの作品でもしっかり彼を支えるとってもいい子でしたね~! 

迷いを吹っ切った後の純也はすっごくイイ男で、特にラストの行動には思わず感嘆の声をあげちゃいました。本来の純也の清々しい人間性を知ることができて、とっても素敵な終わり方だったと思います。


今回も本編中に工チシーンは2回。第1弾が喘ぎ系、第2弾が吐息系と来て、第3弾の今回は...ねっちょり系(笑) 青島さんの工チシーンの特徴は、「鼻息荒くねっちょり」ですw(逆に自身が感じている時の喘ぎ声は控え目で色っぽいのも青島さんの特徴です♪) この粘り感があってこそ青島さんだと私は思っているのでいいのですが、好き嫌いがはっきり分かれる演技ですからね~w お初の方は公式のサンプルボイスをお聴きになってから購入を決められた方がいいと思います。

1回目の言葉とは裏腹な優しいHも、2回目の気持ちが通じ合った後の愛情溢れるHも、濡れた声で紡ぐ言葉は青島さんらしさが出てて私は好きですね~(〃∀〃)




ステラワース限定特典『お引越しの後は』

純也と一緒に暮らすことになったあなた。新居に引っ越しをし、一息ついているところで、純也が抱き付いてきます。これで少しはあなたにモーションをかける男が減るだろうと言う純也。変な男にひっかからないようにと、唇で自分の跡をあなたの体に跡をつけていき……。

最初に「氷上京市の株がやたらと上がるCD」と書きましたが、このステラさんの特典でも氷上株はうなぎのぼりです(笑) 純也はどんだけ氷上京市が好きなんだって話ですね(違) 同棲するなら結婚した方が良いけれど、自分の中で定めた目標に到達してからにしたいから、と今の仕事への決意を語る純也。この特典では本当に過去を吹っ切って、わだかまりを完全に捨てた純也の男らしさが素敵に描かれてます♪イイオトコだなぁ~惚れ惚れするよ!

工チシーンはそのものよりも事後のアクションが(*/∇\*)キャ 体が大きくて力持ちな純也だからできるんであって、実際には大変そうだね~って想像したら....ひよさん、すげぇ恥ずかしいですね~アレ(笑)




アニメイト限定特典『怪しい雨宿り』

純也とデートの最中、激しい雨に降られてしまったあなた。雨宿り先に連れて来られたのは、引っ越しをして今は使われていない、純也の前の職場の雑居ビル。濡れた体を寄せ合ううちに、いつしかいい雰囲気になって……。

純也の以前の職場が引っ越して、今は無人となった雑居ビルで雨宿りすることにした二人。本来は立ち入れないのですが、純也は合鍵を返し忘れていて入ることができましたw その中の一室に入り、ずぶ濡れになった彼女が髪をかき上げうなじが見えた瞬間、純也の理性が飛んじゃって( ̄▽ ̄) 

で、佳境に入った頃w 雨宿りするのに誰かがビルに入ってきちゃいます(どうやら複数で)。純也たちは室内で、その人たちは扉の向こう側にいるので黙ってればバレる事はないんでしょうけど、純也はわざわざ扉の近くまで行って彼女と始めちゃうんですよ// そのスリルにどちらも普段より気分が高まって...ってお話でした。純也の抑えた声と喘ぎ声が耳元で続いて、とってもセクシーでしたよ~ o(//∀//)o



今回もすっごく面白かった~ひよさんシナリオ♪ やっぱり男性側のアクションだけじゃなく、女性側の動きも入っていた方がお話として面白いですね♪ 青島さんの爽やかで優しい声が大好きなので、私はとっても楽しかったです! 上にも書きましたが、青島さんは演技に特徴のある方ですので、初めての方はサンプルボイスをお聴きになってから購入される事をお勧めします♪


これでシリーズ3作出揃いましたが、3作でやっぱり終わりなのかな~?大好きなシリーズだったので寂しいです! それにしても三者三様ホントに手のかかる、愛すべきダメ男たちでしたねw ひよさんの描く作品は、キャラにはっきりとした個性があって、愛しく思えるポイントもちゃんとあって、そのキャラを活かすためにしっかりしたストーリーがあるので本当に聴き応えがあって大好きです。 ひよさんをはじめ、この3作に携わったスタッフ様、キャスト様、とっても素敵なシリーズを送り出してくださってありがとうございました♪


■同じタグのページ
[ドラマCD] Sweets Blossom 圭太編 感想
[ドラマCD] Sweets Blossom 京市編 感想

Sweets Blossom 圭太編 After story 感想
Sweets Blossom 京市編 After story 感想


↓こちらは通常版です。特典ドラマCD付限定版の場合はステラワースかアニメイトで。

シチュエーションドラマCD Sweets Blossom 純也編
ドラマ 青島刃
milky chain (2014-01-15)
売り上げランキング: 926

関連記事



最新記事

スプレファク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。