上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辻咲学園生徒会の秘密 secret.04 江刺智治 感想です。 感想は↓の作品紹介の下からスタートです。

【18歳以上推奨】 性的描写がありますのでご注意ください。


辻咲学園生徒会の秘密 secret.04 江刺智治江刺智治(CV:柊三太)

【発売日】2013年12月25日
【価格】2,100円
【レーベル】milky chain
【プロデューサー】瑛理楴花
【シナリオ】恵莉ひなこ(エレファンテ)
【イラスト】和田ベコ
【あらすじ】
辻咲学園の生徒会長である貴女は、まるで心を見透かすような物腰と言動から、影では「女帝」と畏れられていた。そしてそれは比喩ではなく真実。貴女は意識した人の心の声が聞こえるという秘密を持っていた。しかし力を使って秘密を握っていた瑳上詠二と千桐玲一に、その秘密がバレてしまう。今まで通り接する代わりに瑳上が一つの条件を突きつける。「週に1度、どんな命令でも従わなければならない」互いが秘密を守るために結んだその契約は、いつしか貴女を欲と背徳に満ちた学園生活へと誘う。その奥に潜む彼らの本当の秘密≪ココロ≫に、貴女は気付くことが出来るだろうか…?(ブックレットより)



衝撃的なクズ野郎を第一弾からぶっ放してきた辻咲も、この江刺で一段落ですね。実は02の千桐玲一と、03の日宮翼希も発売と同時に聴き終ってはいるのですが、シリーズ中1枚だけならともかく、続く第二弾も第三弾もまったく同じシチュ(強制凌辱プレイ)というのに飽きてしまって、感想を書く気が全く起きなくてw 性格と途中経過こそ違えど、シリーズ全部が同じ出だし、同じ場所、同じ条件(命令を聞く)、同じ結果というのは、正直「またか...」という気分でした^^; 


それでもこの第四弾は、主人公の周りは敵ばかり!な状態の中、忠犬キャラで唯一の味方ということなので少し希望を持って聴いてみました。結果は

精神的味方は得たものの主人公を取り巻く状況は一向に改善されず、むしろ彼女の体に負担をかける野獣がもう一匹増えただけw

という感じで第1シリーズの終了となりました。そんなワケでシナリオや構成に関してはツッコミどころが多すぎて、もう深く考えるのはやめましたw この第四弾は江刺というキャラ単体の感想を書きたいと思います。



それでは以下より台詞等のネタバレあります。ご注意ください~。




江刺編は、「脚フェチわんこ欲望に負けるの巻」って感じでしたねw


主人公の事が大好きで、時にキモチワルイほど忠実でw 「ご主人様のためならたとえ火の中水の中!ご主人様がイヤな事はぜったいにぜったいにしないから!だからボクを傍において...?」 と小首を傾げたワンコがすり寄ってきて。 お傍に置いて貰えるのが嬉しくて、飛びついてペロペロお顔を舐めてたら....「ご主人様ゴメンナサイ~(。≧人≦。) ボク、発情しちゃいましたぁ~」ハッハッハッ.....というお話ですw


でもこのワンコ、大型犬であります。声が低くて、えらくイケボで、濡れた声がとんでもなく扇情的なワンコでした(〃д〃)



「お前、何を命令されたんだ。....俺には言えないような事か」


二人きりの生徒会室で、瑳上達との契約を防げなかった事を彼女に謝っているうちに、江刺は彼等が出している<命令の中身>に気付いてしまいます。元々は彼女を護るために始めた空手の部活に追われ、自分の知らない所で彼女がそんな恥辱に耐えていることを知った江刺は、部活を辞めてでも復讐を果たしたいと憤慨するのですが、彼女がこの命令を受け入れているのは、江刺を護るためでもあるんですね。その江刺が犠牲を払って自分を助けるのでは意味がないわけで、主人公は必死に江刺を引き止めます。


自分に置き換えて聴いてるつもりは毛頭ないんですけど、やっぱり前3作の主人公の辛さが伝染してるのかな~w あれこれ気に留めて真剣に心配してくれる江刺の低い声を聴いていると、なんだかとっても切なくて嬉しくて泣きたいような気分になっちゃいました(*ノД`。)


今までずっと押し殺してきた恋心は、怒りで興奮していたせいか、彼女にだだ洩れしてしまったようでw 観念した江刺は自分の想いを伝えながら彼女に唇を寄せます。


「あいつにされた事を少しでも、上書きできればと思ったんだが....」


でも自分の想いには答えなくていい。お前の俺への気持ちは、そういう意味じゃないのはわかっているから。ただ、傷ついたお前を癒すことができるなら、いつでも自分を使ってほしい。そんな気持ちで彼女を抱き寄せ、優しいキスの雨を降らせる江刺。

ここ、ダミヘの効果抜群ですよ~。 優しいキスの雨と良く響く彼の低い声が、極上のサプリCDのようです♪ 幸せすぎてなんか泣きたくなるくらい(=´▽`=)



ここで終わってれば正にナイトなんですけどね~。 あのお年頃のオトコノコがそれで収まるわけがないw



彼の家である事情から、彼女は服を着たままシャワーを浴びて水浸しになってしまうんですが、その時もまた彼女を慰めると言う名目で、今度は彼女を満足させるところまで進んじゃうんですねw 奴らの酷い命令で傷ついた彼女を癒す方法が、体を満足させるっていうのはどうなん?って思いましたがw 

そんなワケで江刺は、お前が満足したならオレはそれでいいよって言いかけるんですが、これを収めるために風呂場にこもるからって、どこぞの10分様(※)みたいな事言いだした時は吹き出しそうになりました(≧▽≦)ノ☆ この強引な流れでほだされずに風呂場から外へ出れる人は辻咲の主人公ちゃんには不向きですね(笑)ということで、ここにめでたくもう一人、彼女の体に負担をかける野獣が誕生するわけですw 

(※)ご存じない方は『華アワセ お風呂で10分』でググってみてねw



この人の声ってほんっと武器そのものですよね!抗う気力を完全に失わせる力がある(笑)ダミヘ効果と相まって、とんでもない破壊力です。


「もっと声を出してくれ....聴きたい」


真面目で誠実で、だけど欲望には負けちゃったw可愛い大型ワンコの、切羽詰まった喘ぎがもう愛しくて愛しくて....! 好きだって言われながら愛されるのって、ほんと幸せな気分になれますよね~♪ 柊三太さんの愛情たっぷり艶ボイス、色んな意味でお耳が幸福でございました(= ̄∇ ̄=) 最後までのシーンがここ1回だけだったのも、お話的に大事な1回って事で良かったな~って思いました♪


しかし脚フェチ江刺、頼まれてもいないのに脚にこだわり過ぎw あとすごく個人的な意見なんですけど、こういうCDで必ずと言っていいほど男が言う「持ってかれそうだ」とか「食いちぎられそうだ」って表現、どうにかなりませんかw もうちょっとなんかないの~^^;



「こうして、お前の傷を少しでも癒す手伝いをさせてくれ....放っておきたくない」

「そんなに緊張しなくても、お前が一言『嫌だ』と言えばやめる。...大丈夫だ」

「目は閉じるな。他の誰かを思い出してしまうかもしれない。それじゃダメだ....」

「俺はお前が幸せになれるなら、俺自身なんてどうでもいいと思ってる」←えw




瑳上という悪の提督から続いているお話なので、これから聴かれる方は可能であれば第一弾から聴いた方がいいとは思うんですが、これ単体でも癒されCD(成人向け仕様)として機能しそうなので、キャストさん好きな方とかこれだけ聴いても問題なさそうだなって思います。

ドラマCDのシリーズなら、続きが出るたびに時間軸やストーリーが進んで色んな変化があるので、聴き終るたびに早く続きが聴きたい!って気分になりますが、こういう単独キャラのみのシチュCDをシリーズ化すると、同じ設定っていう妙な縛りの中、キャラと声と台詞が少し違うだけであとは全部一緒!っていう状況のものも出てきますよね。同じmilky Chainさんのシリーズ物でも、オジサマ紳士録などはそれぞれ場所も設定も全く違うし、ドラマ性が強いのでどれもすごく楽しめるんですけど、某R社の現在刊行中のシリーズ3種なんかも、同じ設定縛りがあるのでやっぱり飽きてきちゃうんですよね...wそのあたりがシリーズ物のシチュCDの難しいところだと思います。


続編制作が決定されたようなので、ここからが本番だよ!という事になるのかな。続くシリーズでは是非4名の男共と主人公の立場や関係性が変化して、ストーリーに深みが出ることを期待しております。購入続行するかどうかはそれから決めたいと思いますw



※全巻連動購入特典は、公式かステラワースかアニメイトで。

辻咲学園生徒会の秘密 secret.04 江刺智治
ドラマ 柊三太
milky chain (2013-12-25)
売り上げランキング: 3,211

関連記事



最新記事

スプレファク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。