FC2ブログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼氏以外Type-D:Y~彼の兄との過ち~ 感想です。 感想は↓の作品紹介の下からスタートです。

【15歳以上推奨】 性的描写がありますのでご注意ください。


彼氏以外TypeD:Y-JK岡田諒一(CV:桜ひろし)

【発売日】2013年10月25日
【価格】2,100円(税込)
【ブランド】サイネリア
【シナリオ】ひよ
【イラスト】べっこ
【あらすじ】
勤務先のカフェに度々やってくる知的な男性。物腰が柔らかく言葉遣いも丁寧で、メガネと笑顔が印象的な人だった。ある日のこと、町で途方に暮れていたあなたを助けてくれたのが彼、岡田諒一。岡田...奇遇だなぁ。それにどこかで会ったような...。数日後、付き合い始めた彼氏の家へ遊びに行くと、出迎えてくれたのは彼氏ではなく諒一だった。諒一は彼の兄だった.....。(公式文抜粋)



教訓:ピンヒール履いたらマンホールは避けましょうw


ぶってもいないし気取ってもいない。落ち着きのあるとってもナチュラルなトーンで、桜ひろしさんの中で一番好きなボイスでしたv そして普段と仕掛けた時とのギャップがも〜堪りませんっw 自分はとっても楽しめました~♪



以下よりもう少し詳しくご紹介します。ネタバレありますのでご注意ください。



主人公の働くカフェの常連さんである彼が、マンホールの穴にヒールの踵を挟まれて動けなくなった彼女を助けるところからお話は始まります。 落ち着いた柔らかい物腰の彼は、大人の軽口を装いながらもかなり最初の方から彼女にアピールしてきますが、彼女は冗談と受け取って本気にしていない様子w そして(マンホールから)助けてくれたお礼ということで、二人は翌日も会う約束を交わして。


翌日のお食事デート。昨日と同じく様子を探るようにアピールをしているうちに、彼女には既に彼がいることが判明。それを聞いた諒一は、自身の発言を冗談として流そうとしたり、その場はスマートな大人の対応をします。


その後何事もなければ、諒一もあのまま彼女を諦めることが出来たのかもしれません。けれど街中で偶然出会って、再び食事に行くことにしてしまう諒一。やはり彼女との食事や会話は楽しくて、つい次回のプランなんかを口走ってしまって...。


次なんて、本当はない筈なのに。
彼がいると知って、諦めるはずだったのに。
次という言葉が自分の口から零れたことに、諒一自身がびっくりして、そして。


「ああ。君に彼氏がいることは知ってるけど....それがどうかした?」


口では「友達として」なんて言ってるけれど、明らかに先刻までとは違い、声のトーンも落ちて。


「彼氏がいるからって断るってことは、君が、俺を男として意識してるって意味にとるけど.....いいのかい?」



試すような、挑むような言い方。何かをふっ切ったかのように、いい人から脱却して攻めに転じた諒一の声がすごくイイですっΣd(≧▽≦*) 


そして彼氏の家へ初めて訪れた日。玄関の扉を開けて出てきたのは、彼ではなく諒一でした。諒一は一瞬驚いた様子を見せたものの、薄々気付いていたようで、慌てる様子もなく彼女を中に招き入れます。

さすがに弟の彼女に手を出したらいけないよな。そう口に出したのは、自らへの最後通告。


「だけど、気持ちはなかなか割り切れそうにないから.....困ってる」


そう言いながら、諒一はとうとう彼女に手を伸ばして.....





諒一は27歳という設定なんですが、彼の行動や台詞は寂しい中年オヤジっぽいものばっかりです(笑) 「寂しい独り身」「帰っても一人コンビニ弁当」「(恋が)久しぶりすぎて、この感情を何と呼ぶのか忘れてしまった」など、おまえ実は50代だろ!ってくらいオジサンじみてますw 初期の頃は中年の設定でシナリオ書いてたんじゃないのかなぁ?と思ってしまうほど( ̄m ̄*) でもそういう渋い台詞をあえて若い桜ひろしさんが演ることで、若いけど落ち着きのあるいい青年っぽさが醸し出されてますね~絶妙です♪


諦めるのをやめて攻めに転じた時も、奪うと決めて「君」だった呼び方が「お前」に変わったあの時も、豹変というほどわざとらしくないのに、ドキッとしちゃう変化がとっても素敵です! 普段は柔らかくて丁寧な口調なのに、あーいう時だけイジワルでSって....そのギャップがものすっごくツボでした~っヾ(≧∇≦)ノ"



前作の「弟との過ち」では、今カレがもうとんでもないロクデナシだったので、うしろめたさなんてこれっぽっちも感じなかったんですが(笑)、今回の今カレ(諒一の弟くん)は、すごくイイコそうなんですよ!明るくて元気良くて優しそうで。.....今作は、心変わりする際のうしろめたさもしっかり経験できましたw ゴメン弟くん!兄の攻撃に陥落してしまった(*ノД`。)ホロリ 
(ちなみにイイコな弟くんのCVは棗田悠斗さんという演者さんです♪)



弟クンが席を外した際の「しんぼーたまらんタイム」えらい萌えましたv 「逃がさない....」って言われた時、思いっきり心臓跳ねましたよ! その時は弟クンが戻って来る事で大事には至りません。

ですが後日とうとうやってきた「過ち」の瞬間は、もうクッションに顔うずめてキャーキャー状態でした(笑) 君が欲しくて堪らない的な大告白の後の、


「君の返事なんて聞かない....!」


から始まる過ちは、アタマ沸騰しまくってましたw 「お前」呼びに変わって、「弟とどこまで....」とかすご~くイジワルな質問いっぱいされて、某オペ●ッタさんを彷彿とさせるような既成事実を期待する的な台詞まであったり♪ そして桜ひろしさんの責めボイスがっ...!!! ほんっとにこの人の声に弱いんですよ~!この声で切なげに懇願されたりとか...もうダメ、倒れそうです~ヽ(〃@д@〃)ノ


そして驚いたのが(すごく短いですが)アフターのシーンがあったこと。 甘系CDなら当たり前ですが、過ちCDにアフターがあるのにビックリしましたね〜(o゚д゚o)


エンドはBadとHappyと2パターンありましたが、自分は今回Happyより禁断テイストなBadのほうが好みです♪最後まで諒一にイジワルしてもらえるので(笑)




「俺の方が先に君を手にいれたら...あいつはどう思うんだろうな」

「知ってる」

「君の心と身体に、どれだけ弟が染み込んでいるのか....気になって仕方がない」

「あいつの温もり...感触...全部拭い去ってやる。俺で上書きしてやる...!」


(Bad Endより)
「まだ時間は大丈夫なんだろ。 白いドレスの花嫁を思いっきり汚したいんだけど...いいか?」




でも私、このCDでやっと気づきました。今までS嫌いだったのは、酷い言葉でなじったり、工口い言葉責めをするSが嫌いなだけで、愛情からくるイジワルはむしろ大好物なんですね〜(笑) 今作の諒一さんの、背徳感を煽るような言葉責めはすごくドキドキしました♪ その後のアフターで甘いフォローがされてるので、ただのスパイスなんだなって分かるのがなお良かったです!


ストーリーは王道です。王道ゆえのドラマチックさと、女ゴコロをくすぐる安定した台詞の数々。こう来て欲しいという願いが叶うストーリーで、桜ひろしさんのギャップボイスが堪能できました! やっぱり自分はひよさんのシナリオ好きなんだなぁ~♪ とても楽しかったです(⌒▽⌒)


■同じタグのページ
・彼氏以外Type-D:X~彼の弟との過ち~ 感想
・彼氏以外Type-D:Z~彼の父との過ち~ 感想
・彼氏以外Type-D~過ちの果て~ 感想



彼氏以外Type-D:Y~彼の兄との過ち~ [彼氏以外Type‐Dシリーズ]
桜ひろし
Cineria 販売:密林社 (2013-10-12)
売り上げランキング: 285
関連記事



最新記事

スプレファク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。