FC2ブログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュエリック・ナイトメア Vol.3 アレキサンドライト&オールジュエル 感想です。   感想は↓の作品紹介の下からスタートです。

ジュエリック・ナイトメア_ドラマCD3JKアレン/彩瀬七魅(CV:羽多野渉)
城主(CV:津田健次郎)

ほかオールジュエル

【発売日】2013年9月25日発売
【価格】¥2,100(税込)
【発売元】5pb.
【イラスト】山本佳奈



以下、公式サイト掲載の各トラックあらすじ + 感想です。 ネタバレというか普通に内容書いてますのでご注意下さい。


TR1:プロローグ
月のない静かな夜。 夢の中、暗い森に彷徨うアナタが辿り着いたのは主なき宝石たちが住まう神秘の古城。そこでこの城の主である城主、様々な色に迷い揺れ動く、危い輝きを持つアレンに出会う。やがて鐘が鳴り響き、現実へと導かれる。現実の世界でアナタはアレンにそっくりな男性に出会う。



“狂気の不安定ヤンデレ”なアレン。


「君が壊れるところは見たくないな、って思う。そんなところを見たら、きっと俺....俺....」

「いっ....いやだぁーっ!そんなのはいやだーっ!そんなのはもううんざりだぁぁぁぁぁ!」



あー....^^;めっちゃ情緒不安定なんですけど。情緒不安定なうえに、もともと正常な思考回路を持ち合わせてないようですw 台詞からすると過去に何かあったのかな。自分の大事なものを傷つけられたりする事を極端に恐れていて、その片鱗がちょっとでも見えるとたちまち泣いたり怒鳴ったり縋ったりw 羽多野さんこういう役とっても上手ですよね~!


そして鐘が鳴り、カルミナ城の主人公は眠りにつき、現実世界で目覚めます。


“神秘的カリスマ美容師”の彩瀬七魅。


「君の髪...すごく綺麗だなって思って。良かったら今度アレンジさせてよ。絶対に可愛くするからさ♪」


優しくて爽やかで、柔らかい物腰の七魅。外見も内面もカッコよくて、聴いてて眠ってしまいそう(笑) や、だって今までクセあるのばっかだったから、ついw




TR2:割れた鏡と虚ろな宝石 ~Side Dream~ アレン
庭でクズ石に襲われたアナタ。駆けつけたアレンが退けてくれ事なきを得るが、アレンはアナタを失う恐怖に脅え、アナタを自分の部屋に連れて行きドアに鍵を掛ける。まるで子供のように泣きじゃくり、苦しい程に抱きしめてくるアレンをどうにか安心させてあげたいアナタ。しかし、そろそろ鐘が鳴る時間。 それに気付いたアレンは、錯乱し部屋に飾ってある鏡を割りはじめた。そんなアレンを見て、悲しみの涙を流すアナタ。 「君が悲しいと、俺も悲しくなる。君に泣かれたら、胸が張り裂けそうになる……」そして、アレンは溢れる涙を拭おうとアナタの頬にそっと唇を寄せ……?



声も話し方も割と幼い感じで、精神面も抑えのきかない子供そのものですね。なのに「膝から血が出てる」と言って舐めてくれたりすると、吐息交じりでチュッチュ言ってて無駄に工口さをふりまいてみたりw そして勝手に自己完結して「君が自分から離れていくくらいなら、いっそ....」と部屋へ閉じ込めヤンデレ発動v(≧∇≦)v イエーイ♪ ヤンデレ苦手な私ですが、羽多野さんなら大丈夫!というか羽多野さんの病み演技大好きー♪ 不安げに縋ったり拒否られて泣き叫んだり、まーめんどくせぇ男 ←誉めてます^^




TR3:君に掛ける魔法 ~Side Real~ 彩瀬七魅
大人っぽいワンピースをウインドウ越しに見ていたアナタの前を偶然通りかかった七魅。七魅に着てみるように勧められ、試着してみるも、まだ女の子なアナタにはそのワンピースは早すぎたよう。 七魅はそんなアナタに魔法をかける。七魅に全身コーディネートされ、気付くとワンピースの似合う素敵なレディに変わっていた。 「もう少し俺に付き合ってくれない? いいところに連れて行ってあげる」 そして、手を引かれてやって来たのは夜の遊園地。宝石のような夜景に囲まれた観覧車の中で見る七魅の表情は、どこかいつもより艶めいていて……?



ハイソで余裕たっぷりな男っていけ好かないと思うのは庶民な自分の妬みでしょうか(笑) 高所恐怖症の自分は観覧車に乗ってるって想像しただけで背筋がゾワゾワしてきます^^;


「ちょっと無防備すぎるよ.....簡単に口車にのって、こんなに近くに来るなんて」


アレンと真逆な大人の男だとばかり思っていましたが、やっぱりアレンに通ずる面も持ってるって分る台詞も出てきてちょっと嬉しくなったりw ええ、今作の羽多野さんに限っては完全に七魅よりアレン推しです♪




TR4:幕間の語らい ~Side Dream~
宝石達の住まう古城にて。眠りから目覚めたアナタの目の前に城主が退屈そうに座っていた。寝起きで乱れた髪のアナタを近くへ呼ぶと、その髪を梳かしはじめる。「……!すまぬ、強くしすぎたか……?」「このようなことをするのは初めてで……加減が分からぬ。痛みがあれば言うのだぞ……」 髪を整え、宝石達に顔を見せようと広間に降りる城主とアナタ。 しかし、広間には誰もいない。アナタは全員を呼んでくるようにと城主に命じられ、城中を探しはじめる。一人一人見つけて声をかけ、「広間に来て欲しい」と伝えるが、皆がそう簡単に言う事を聞いてくれるハズもなく……?



他の宝石達もみんな出てくるんですが、もう私の意識は完全に城主に持ってかれてました(笑) ゲームでは攻略対象外であろうつんちょ城主がダミヘで囁いてくれたもんですからっε=ε=(ノ≧∇≦)ノ いやワンシーンだけだったし大した内容じゃなかったんですが、サプライズっつーかオマケ?にテンションあがっちゃってw

Vol.1やVol.2のキャラがもう忘却の彼方だったので、出てきてくれた時ももちろん嬉しかったですよ♪




TR5:心残りとあの日の思い出 ~Side Real~
バイト先『Felice』にて。アナタが買い出しに出ていると、その間に七魅、紅、蒼史、巧磨が“ある噂”について騒々しく話している。そんな話が聞こえているのかいないのか、バックヤードでいつも通りに仕事をこなす征一郎。“ある噂”とは一体……!?



CDの台詞や作りが正直いってちょっとチープな感じだったり、ゲーム本編も(多分)過大な期待は禁物だろうなぁと思ってはいても、キャストの二面演技が楽しくてつい聴いちゃうんですが、このトラックみたいにくっだらない事で男たちがワイワイやってるのがすごく好きw

カフェの常連客の間でウワサになってるのは、みちるちゃん(主人公。デフォ名呼びあるそうなので)と紅が付き合ってるらしいという話。そのウワサの真偽について皆で話しているうちに、それぞれが自分と彼女が過ごした時の事を「暗い密室で二人きりになった時初々しかった」だの、「狭い場所で濃密なひとときを過ごした」だの言うもんだから、他の連中が深読みしてパニクってw お約束なんですけどそれが可愛くて楽しいトラックです♪


蒼史「だってお姉さん、僕の事『初めて』だって言ってたから。--- あまりにお姉さんが可愛いから、僕...自分を止められなくなっちゃって」


天然フェロメンな蒼史くん、すっごくいいキャラしてますw

征一郎だけは(仕事中だし)そんな会話に加わらず一人平然とした態度をとってますが、彼もちゃんと内心ではヤキモキしてるっていうカワイイ一面が見れました♪プライドの高いアダマスらしいです^^

やっぱり柿原@紅のいじられっぷりと、裕斗@蒼史のクールさが好きだわー(*´∀`)




TR6:エピローグ
夢と現実ふたりからの「おやすみ」ボイス!
 


それぞれ対になってるキャラが、ダミヘの右と左に分かれて同時に囁いてくれるトラック♪ 台詞が別々なので何言ってるか聞き取りにくいですがw同じキャストの違うトーンの声が左右から同時に聞こえてくるってのはなかなか良かったですよ~♪ ←後で片方づつ聴きましたw




ゲームの公式サイトのキービジュアルがアニメちっくなのがちょっと気になりますが、ギャラリーにスチルやシナリオの一部も結構公開されてきて、発売に近づいてきてるなーって思ったのですが、以前から続くオトメイトさんの発売延期でこの作品も年末まで延期されましたね。

Vol.1~3のCDを聴く限りではキャラの裏表を楽しむだけのゲームという感じしかしないんですが、キャラゲーとして多分購入すると思います。それで思ったよりストーリーが良かったらいいなぁ~なんて淡い期待をしてたりしてなかったり( ̄▽ ̄)


■同じタグのページ
ジュエリック・ナイトメア Vol.1 ダイヤモンド&ルビー 感想
ジュエリック・ナイトメア Vol.2 サファイア&エメラルド 感想



by カエレバ

by カエレバ


関連記事



最新記事

スプレファク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。