上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛し君に、戀文を 若狭京一郎 編です。 感想は↓の作品紹介の下からスタートです。

【18歳以上推奨】 性的描写がありますのでご注意ください。


愛し君に、戀文を 若狭京一郎 編若狭京一郎(CV:Prof.紫龍)

【発売日】 2015年3月11日
【価 格】 限定版 2,300円(税抜)
      通常版 2,000円(税抜)
【シナリオ】 神城咲弥
【イラスト】 山田シロ
【レーベル】 milkychain
【あらすじ】 開国から早幾年……。汽船や鉄道によって流通や商業が発達し、人々の暮らしも大きく変わっていた。西洋文化が次々と取り入れられ、活動写真や文芸、絵画に演劇などの大衆文化も大きく発展。人々の間には自由と開放の気運が高まっていたが、堂々と恋愛を楽しめるほどの自由は保障されてはいなかった。うら若い男女は人目を忍んで文を交わし、互いの想いを伝え合う……そんな恋愛が当たり前の時代。
白鳴学園(はくめいがくえん)は、義務教育後の就学を一貫教育で行うという当時としては異例の教育方針を示し、何より大学部より男女共学という方針が世間を驚かせた。そんな白鳴学園でも最高学府「大学部」まで進学する女子は珍しく、必然的に男子たちの憧れの的となる。この白鳴学園大学部に通うアナタも、もちろんその対象だ。やがて、学び舎を同じくした男女の間で『手紙を取り交わす』ことが流行りだす――


[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



最新記事

スプレファク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。