上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終末のエスペランサ Act.01 カガリ 感想です。 感想は↓の作品紹介の下からスタートです。

【18歳以上推奨】 性的描写がありますのでご注意ください。


終末のエスペランサ カガリカガリ(CV:あさぎ夕)

【発売日】2015年1月21日(水)
【価 格】2,000円(税抜)
【シナリオ】菅野なつめ
【イラスト】ふじた
【レーベル】花鏡
【あらすじ】 正体不明のウイルスにより、滅亡の一途を辿る 『 セカイ 』 ―― その中で、貴女は別れた彼と再会する。大学の同級生で、貴女の幼馴染みの彼 ( カガリ ) は少し無口で不器用だが、誰よりも貴女を大切に想っている。 そんな彼と貴女は、かつて恋人の関係にあった。けれど『 あること 』がきっかけで、やむを得ず別れを選ぶ。 それでも、密かにお互いを想い続けてきた貴女と彼 ―― 。 再び巡り会った今、途切れた想いの糸を紡ぎ直すことはできるのか。そして訪れる 『 最後の刻 』 、貴女に迫りくる究極の選択とは …… 。

[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



最新記事

スプレファク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。